FC2ブログ

青の食生活のハナシ

青がお世話になっている学生会館には学食もあればパンや軽食の自動販売機もある

近所にはコンビニがある

運動会の応援団の朝練と夕練のために全く学食を食べられなくなっていた青は

自動販売機とコンビニで3食をまかなっていた

そして

それらの味に「飽きの限界」をも通り越し

カロリーメイトだけを学校のお弁当代わりにした日には

クラスメートから「おすそ分け」が集まったらしく

そしてそのクラスメートたちが青の境遇を知ると

交代交代でオニギリをにぎってきてくれる子達まで出て来たそうだ



ありがたい。でもそんなことを続けられない

青 自炊がしたい

ジャパ中時代は「自分でお弁当を作る日」でさえ早朝に台所に来ることはなかったけど

青はきっと3食作りづづけるだろうと確信した


学生会館の4人部屋は一人分のスペースが狭すぎるので2人部屋への移動の手続きを取り

ワンドアの冷蔵庫を借りて炊飯器と諸々の調理器具や調味料を買いに走った

これは私が5泊6日の最後に残された日に行ったこと

青と寝食を共にして5泊目での決断だった


5日間は近くのおそば屋さんやファミレスやパスタ屋で食べさせていたけど

青が一番喜んだのは

201006271415_convert_20100629105408.jpg

初めて自分の炊飯器で炊いたご飯

そして

201006281420_convert_20100629105014.jpg

コイン式(10分10円)のこのコンロで作った

201006271414_convert_20100629105324.jpg

野菜炒めだった


青と半分子をして食べたけど本当に本当に美味しかった

同じ「美味しい」でも別の美味しさだった

青が飢え求めていた美味しさだった

私は完食する前に箸をとめ

「青、お母さんの分も食べる?」

「食べる」

野菜炒めの汁も残らずご飯にかけて青は一瞬で平らげた


翌早朝

私はシンガポールに戻らないといけない

青を起こして

「お弁当作るんでしょ?」

私は出発ギリギリまで青につきあった

出来あがったのは五目チャーハンの素で作ったチャーハンと

オーブントースターで焼いたチキンナゲット

それらを弁当箱に詰めるのを見届け

「冷めてから蓋をするのよ。じゃ、行くね」


後ろ髪を引かれる思いで

こみ上げる涙をごまかしながら

私はバスに乗って新宿駅に向かった

でもね


青の

小さな小さな冷蔵庫の中に

牛乳、卵、ウィンナーも入っている

手抜き用にシリアルだってある

それが

安心でウレシイ


今回の青の「お宅拝見!」には大きな意義があった

次はマイケル宅だ


スポンサーサイト



コメント

お帰りなさい。
青ちゃんの「自炊の決意」
泣けました・・・

うちの甥っ子(現在大学生)、姪っ子(新米社会人)。
既に、母が他界してまして、
東京から、おばあちゃんを訪ねて
時々、福岡に遊びに来るのよね。

でっ、私は、いつものご飯を作るのだが
ごくごく普通の家ご飯を一番喜ぶのよ~。

青ちゃんにとって、母と分け合って食べた。
炊き立てのご飯と野菜炒めは、生涯忘れない味になったのだと思う。

青ちゃん。母の顔を見られて、自炊出来る自信がついて。
そうして成長していくんだねぇ。
泣けちゃうけど、でも、嬉しい。そんな一歩。
心がホッコリしました。ありがとう。

ちいへ

試験合格おめでとう!楽しくお金が稼げるなんて本当に羨ましい~。青のことありがとう・・・食生活について本当に考えさせられる経験を私もさせてもらったわ。そうなのよ、ごく普通のご飯が元気の源なのよね。姪っこ、甥っこの為にもそのごく普通のご飯を作り続けてあげてね・・・
非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索