FC2ブログ

2次試験まで後6日

マイケルから電話がありました

「母さん、2次試験のための外泊届が必要だから今先生に電話して許可もらってくれる?」

この3年間、寮生のマイケルはこのようにして外泊届が必要でした。

2次試験、いよいよなのねぇ

と実感します。



ある受験生の話ですが

受験日に寝坊をしてしまって

必死に受験会場までたどり着いたけどすでに戸は閉められ開くことはなかったそうです。

その受験生は泣き叫んで戸を開けてくれるよう懇願したそうですが

時、すでに遅し。

その受験生の泣き叫ぶ声と爪で戸をひっかく音がしばし続いたと言います。


想像できるだけに胸が痛い話です。まして現実にあった話しですから

ご両親のお気持ちを察すると私の心臓からも血が流れる思いがします。


マイケルは遠く離れた日本で自分で責任を果たさないといけません。

始終隣にいて受験するまでを監視できれば間違いは起きないだろうけれど

ここSingaporeから

「ポカするなよっ!」 と電話で𠮟咤することがせいぜいです。


親と言うものは(特に母親?)

試験会場まで無事にたどり着くかとか(寒かろうからベンチコートを送り)

雪で滑らないか(長靴も送った方がいいだろうか?)

時間に間に合うか(携帯にやんや電話せんといかん)


色んなことを考え、色んなことをやります。

それは

親としても後悔を残したくないからの一言に尽きます。


愛情の反対は「無関心」だということを知り

ダブル受験に際してたくさん首を突っ込みました

たくさんの関心を示しました

だから

私はもう後悔はないです。

あとは

静かにこの6日間を待つだけです。


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索