FC2ブログ

ぜんざい

新年が明けて2日目、みなさんいかがお過ごしですか?

受験生のいる我が家は浮かれ気分は厳禁。早起きをして午前中の時間を大切に使わなければ。




さて

ぜんざいを作りました。今回は黒豆にも使った「みょうばん」を入れたら色合いが良い仕上がりです。そして「お正月チャーハン門松」を作りましたよ。これは余ったエビやチャーシューの切れ端やインゲンやチャーシューの煮汁を使うのでそう命名しました。

昔話になりますが「ぜんざい」を作れるようになったのは7年前くらいでしょうか。マイケルが小学生の時のお正月です。なぜなら「作らないといけない」ことになってしまったからです。
当時のマイケルは日本の小学校でミニバスケットボールのチームに所属していました。そのチームは新年の練習初めに親が「ぜんざい」を差し入れするという風習がありました。代表のお母さんから「はい、シャ―さんもヨロシクね♪」と袋入りのあずき豆を渡された時のことを忘れません。アメリカ帰り数年目の悲劇だと思いましたね。

作ったことがなかったので当然母に電話をして作り方のコツを伝授してもらいました。とにかくイヤでした。強制されて作る料理ほどイヤなものはありませんでしたから。

出来あがって鍋ごと体育館に持っていくと他にも4~5つほどの鍋がありました。こんなにあるんだったら初心者の私のはいらなかったんじゃない?と思いましたね。ところが食べざかりのチビアスリートたちは何杯もおかわりをするので初心者シャ―のぜんざいでも食べてくれたのですよ。「おいしいんだ」そう思ったらこの強制的な風習を受け入れてたりして

その後ぜんざいは普通に我が家の食卓にあがるようになり、ぜんざいを作る度にあの頃を感謝の気持ちで思い出します。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索