FC2ブログ

小さな主張には訳あり

青がアメリカの幼稚園(日本では年少さん)に通っていた時の話です。

ある奥さんから言われました

「青ちゃん、素直じゃないというかなんというか。あの態度はどうかと思ったのよね」と。

何があったかを聞くと

先生がお手本に描いた蝶チョの絵を見て

 蝶チョには顔はない 」と言いはったそうです。

どうやら顔が羽の部分にあったようなのです。

授業の内容がなんだったのかはもう記憶にありませんが

顔のない蝶チョでは先生はちょっと困ってしまうので

授業はそのまま行われたらしいです。

しかし先生からはおとがめもなく

私も青をとがめることはしませんでした。


そんな青は15歳になり絵を描く道を自ら選び突き進んでいます

青は幼稚園でそんなことがあったことを

覚えてもいないまま


あの時

「素直な態度」を強制せずに

黙って主張を聞いて下さった先生には感謝です。

まぁ、なんと言っても4歳くらいの頃の話しですからね(笑)


お陰様で学校推薦は頂けました

後は1月末に面接を受けるために再度、東京入りです。

今週末の東京は雪だそうです




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索