FC2ブログ

うちのヤカンの話

台北に転勤になった際に古いヤカンを捨てた。そして士東市場の金物屋さんで大小一個ずつ新調した。
大きいヤカンは6L容量の表示があるけど4Lしか入らない。ほんっと、台湾製らしい。たった大さじ一杯のウーロン茶葉でヤカンいっぱい、薫り高いウーロン茶ができる。これを冷やして家族で飲んでいる。そう、台北転勤を期に麦茶は我が家から消えた。大きいヤカンは沸騰すると「ふお~~~~~~~~ん」と鳴る。電話中に鳴ると知らない人は「何の音?」と聞く。知っている人は「うちにもある」と笑う。小さいヤカンは普通に水を沸かしている。沸騰すると「ほぅぃ~~~」と鳴る。

そのヤカン達を磨いた。台北でこびりついた汚れを洗い流しながら台北シックをも流し始めないといけないと思った。
青が帰宅して「あ~たのしかった♪」
私「何が?」
青「う~む、色んなことが」
私「よかったね」
青「でも台北に帰りたい気持ちがまだある」
私「お母さんも同じだよ。だってシンガに来てまだ一ヶ月じゃん。一年  もすればシンガが良くなるんだよ。そんなもんさ」
青「そうかもね」

ピカピカになったヤカンを見ると台北転勤当初を思い出す。3年5ヶ月前の記憶が鮮やかなのはどこか切ない。台北生活を支えてくれた大小のヤカンは士東市場の金物屋さんに吊るされてる時はまさかシンガポールに行くなんて思いもしなかっただろう。

「ふお~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん」「ママー!ヤカン!」「はーい」ドタドタドタドタ......
うちのヤカンの話でした。
スポンサーサイト



コメント

報告しとく

明日、士東市場のヤカンの仲間にシンガにいってしまったヤカンくんとヤカンちゃんの報告をしておきます。ふぉ~~~~~~ん

士東市場の入り口に近いとこやろ?

ふぉ~~~~~~~ん!聞きたいから買いに行こっと。

No title

焼き鳥やの女よ、私も連れてって。
クー輔よ、まじかよ?
非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索