FC2ブログ

青、ダウン

長女の青がダウンした。
夜中に「CDプレーヤーが壊れた」と泣きながら私を起こした。具合が悪くなったと同時に夢でも見てたのか。
今朝、喉の痛みと吐き気を訴えてきて額を触ったら熱っ。「この症状、この前といっしょ…」そう思って天母の「むさ〇のクリニック」で処方してもらった残った薬を飲ませた。熱さましは入ってないのに一発で熱が下がった。さすが?恐るべし?むさ〇のクリニックの薬。
台北にいた頃はよく病院に困ったものだ。行きつけに行ったら「しばらく休診」、そしてタクシーを飛ばして記憶にあった診療所に行ったらなくなっていた。「そーだ!あそこがあった」と思って行ったところは「午後は診療してません」。

台北駐在で病院に対して不満を持つよりも「強い身体を作ろう」と思った。そして玄米、水、酢、大豆をよく摂取するようになったものだ。人間は「不便」から学ぶことが多い。「不便」から工夫する生活がはじまるのだ。「節約1万円生活」という番組がいい例だ。

ここシンガポールで不便だなぁ、と思うのは目の前に天母高島屋がないこと。だからシャトルバス、ローカルバス、MRTを乗りこなし「達人」になろうと密かに思っている。台北でタクシーにしか乗っていなかった私だけど「所変われば」なのだ。なにしろ、シンガポールは小さな国。交通機関も単純でわかりやすい。こんな私でもバス路線図と携帯用の地図を持って一人でどこへでも行けてしまうくらいだから。

「不便」を心に持つと心は重くなる。心が重たくなると心を軽くしょうと不満が口からでる。不満が口から出ると笑顔が消える。笑顔が消えると口角が下がる。口角が下がるとブスになる。自然の摂理。

ということで青はむさ〇のクリニックの強い薬で現在爆睡中。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索