FC2ブログ

大納言ぜんざい

「何か手伝うことある?」と台所に入ってきてくれるマイケル。「うーん、そうね…」と言ったらシンクに少し溜まった食器を洗い始めた。

マイケル 「大学入ったらさ、忙しくなりそうじゃん?バイトに勉強に…」


大学受験に燃え、大学生活に夢はせているマイケル君。


マイケル 「でもさ、大学のお金って高いんでしょ?大丈夫なの?」

私は始めてマイケルに見せた。それはマイケルが赤ちゃんの時に始めた学資保険の証書。

私 「入学金と1年分の学費にしかならないだろうけどね。支払いの開始日を見てみ」

マイケル 「僕が0歳のときじゃん」

私  「パパもマイケルのことは考えてきてるんだよ」

マイケルはしばし下を向いた。自分に対して口数の少ないパパの気持ちを知ったようだ。


そんなマイケルが明日深夜の便で鹿児島に帰ってしまうので

               

ちょっと奮発して大納言小豆でぜんざいを作ったよ。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索