FC2ブログ

簡単カツ丼 ~ 81歳の母に注意されて~

こんにちは

簡単カツ丼の夕飯でした
kat.jpg
3倍濃縮のそばつゆを2倍に薄めて

新玉ねぎのスライスとネギと一口カツを入れて溶き卵でとじた簡単カツ丼

そして

そばつゆ、豆板醤、ごま油でキュウリの浅漬けも~

そばつゆは万能です

御馳走様でした


鹿児島の口永良部島が再度噴火し、母が住むエリアは大雨なので母に電話しました

「何が起きてもおかしくない世の中だね」

そんな会話に寂しさがよぎりました


81歳になった母は波乱万丈な人生を送ってきた人ですが

母の長男(私の弟)がいつまでも甘ったれだという話題になりました

そして81年間生きてきた母は言うのです

「そのようにしか生きられなかった、と今は思うのよ」


そして私の子育てについて

「就職したからハイ、終わり♪じゃないのよ!人生の中で失敗をして泣きついてくるから「失敗をする」覚悟で見守りなさいね」


私は自分の仕事に集中したいあまりに「早く子供たちに自立してほしい」は本音です

50年生きて3人の子供を産み育てたならそう思ったって仕方ないでしょ?

私は社会人になってからどんなに辛いことがあっても両親に助けてもらうことはなかったので

親子関係とはそんなものだと思っていました

従って当然あまったれな弟を見下していましたし私だけを放置する両親を長年恨んできました


母との会話で「私は自分で選んで親に甘えなかった」とわかりました

放置されていたのではなく、甘えたくなかった

それだけのこと

しかし甘えないから繋がりも希薄になりどうつきあっていけば良いのかわからなくなり

つい最近まで「歩み寄り方」を探り英会話教室のスポンサーをあえて「母」にしたのです

「お金貸してくれる?」

死んでもいいたくなかったことを言ってみました

母はそういうお金は頼まれたら喜んで出す人なので私は一室を借りて英会話教室を立ち上げることができました

「母に借り」を作って始めた英会話教室の状況報告をする義務ができたので母にちょくちょく電話するようになり

母との関係は健全なものへと変化していきました


甘える


ずっと「悪いこと」「弱いこと」「はずかしいこと」と思っていた言葉

これは「躍起になって否定しなくて良いもの」と思うようになっています


そして母は告白しました

弟にずっとお小遣いをあげていると


母親の息子に対する心理はわからなくはないですが

弟に対して「恥ずかしくないのかね?」と思うと言ったら母は大笑いしていました

甘える好意には幅があるなぁ~

勉強になりました


何よりも母がこの年でやっと自分を責めることなくありのままで生きるようになったことが嬉しかったかも

そして

私の心も少しは柔かくなれるかも



取り留めのない長文にお付き合いありがとうございましたププ








スポンサーサイト



コメント

うんうん。

母は私にとって、ヒジョーにウザい存在ですが、やはり頼れるのは母しかいないと実感する今日この頃。私もシャーさん同様、今回の件で、母に借金する予定にしとります。

しかし、シャーさんの弟さんは、いまだにお母さんからおこずかいをもらってるんだ。。。

うう、うらやますいー。私にもくれー。(←ポイントずれてる?笑)

No title

弟、末っ子長男なので子供の頃から特別扱いでしたわ♪「シャーも甘えてもいいのに~」と言われているような告白だったけど借金させてもらうだけで精一杯です(喉からべロンと手が出てるけど)。
年寄りのお金は使ってあげないと世の中回らないからね。どんどん借りても良いと思いま~す(^▽^)。
非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索