FC2ブログ

マイケル

今日はマイケルの16回目の誕生日。 そう、3月3日

お祝いの電話をかけようと6時半を待っていたら、あれれ?かかってきた

「かぁさん…」

去年の4月に高校に入学して寮生活を始めて早一年。去年の今日は台北日本人学校中学部の卒業式だった。いまだに卒業式に人気の歌を聞くと胸が詰まる。

「かぁさん…」

「どうした?」

マイケルは人間関係の悩みを打ち明けた。
でも内容は小学校の時と中学校の時となんら
変わりなかった。

「マイケル」

「ん?」

「自分がやってほしいことを友達にやってあげたらいいよ。自分からね。
友達がドリブルが上手だったり、格好いいTシャツきていたりしたら褒めてあげるの。
それをね『言葉のプレゼント』って言うんだよ。意味わかる?」

「うん」
 
「少しずつでいいからやってごらん。経過報告待ってるから」

「うん、又電話するから」

大人の階段を上る我が子にわかりやすく身につくように言葉を選んであげるのは難しい。
母親業の難しさを痛感する時がこの時。

「マイケル?」

「ん?」

「今日の内容のキーポイントは?」

「『言葉のプレゼント』でしょ?」

「わかってんじゃん」

「うん」

「大丈夫だよ」

「うん」








スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索