FC2ブログ

JJとiphoneと神様と

1ヶ月程前にJJがiphoneを紛失してしまいました

はい、明治神宮内の清正井に落として運がついたはずのあのiphoneをです

学校かスクールバス内で落としたらしく

気がついた時はそれはそれは必死に担任に電話をしたりして協力をもらいながら

探し続けましたが見つかりません

なくしてしまったショックは大きく

しかし

その次に行う義務への恐怖がありました

それは

パパにiphoneをなくしてしまったことの報告

「怒られる。パパには言えない」そう言って苦しみ続けた約1ヶ月

昨日はもうスッキリさせてあげるべく背中を押してあげました

旦那には事前に私から報告をし

JJが必死に探したことと充分に堪えているので叱らないでやってほしいと根回しをした上で

ようやくJJは泣きながらの報告

旦那は「学校に持っていく必要はあったのか?」と当たり前の質問だけをして

「探し続けよう」という結論を出しました


その後部屋に戻ったJJはガタガタと掃除を始めました

アイドル雑誌や古くなったクッションやぬいぐるみ、山のような紙類やガラクタを出してきました

↓↓↓



子供たちが小学生だった頃、大切なものをなくすと教えました

「散らかっていると神様は大切なものを隠してしまうよ。でもね、片付けをすると神様は探しているものを返してくれるんだよ」

15歳になったJJはもしかして半信半疑でこの言葉にすがる思いで片付けをしたのかもしれません

iphoneは戻ってはこないでしょうけれど

JJは大きな教訓を得たように思います




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索