FC2ブログ

レッスンに復帰

ハードな一日でした

コンバンハ

そんな中

サンワのレッスンに4カ月ぶりに行きました(^O^)/

そしてRコーチの歓迎の言葉は

 「そのタイツはいてて肉離れおこしたんですかあ?タイツはいてて肉離れしたんですかー?肉離れってタイツはいてて起きるんですくあ?」 

はい、コーチ

そうだったんですよ  


しかしレッスンをこんなに休んで復帰をすると

よーし!やるじょー!って気になりますね

ビジョンをでっかくイメージしてのレッスンはモチベーションを上げてくれます

Rコーチ、元気と勇気をありがとう!


隣のコートで練習をされていた

このブログに遊びに来て下さっているYさん

お元気そうで何よりでした

試合に向けてハードな毎日になりますが

無理のないようにテニスを楽しみましょうね


さて

シャーのハードな一日はまだ終りません

あと一仕事

がんばりまっす

Have a great weekend!



スポンサーサイト



関節は大切

快晴のシンガポールです

こんにちは

我が家の前の空き地に(旧コリンの散歩道)

50階建てのHDBが出来るそうで連日、工事の騒音のコンサートですわ

窓を閉めないとテレビの音が聞こえないので

必然的にエアコンをつける回数が増えます

引っ越しを考えているお方は

今から後2年、我がコンドに住むことはお勧めしません・・・


さて

胃腸の調子はなかなか完治せず

でもお菓子に手が伸びるほどに食欲は回復という

一番やっかいな段階です

とりあえず今日のお昼は和食の粗食を作りましょう


ご飯

キャベツの味噌汁

イワシの丸干し&大根おろし

納豆

もずく酢



膝の痛み

グルコサミン+コンドロイチンで

劇的によくなりましたね

右膝がポキポキ

そのうち

左膝もポキポキ

おまけに

股関節までポキポキ

だったけど


そういえばJJが幼稚園生の頃に

ガイコツが「パキポキ♪パキポキ♪」と言いながら踊るお遊戯があったな

あの頃の私

あのガイコツになる日が来るなんて思いもしなかったな


そうそう

オズの魔法使いのブリキの男

関節に油をかけてもらいますよね

あの油をかける時の音が好きだったのを思い出しました

なんでもそうだけど

手入れが大事ですね


手のかかる身体になってしまいました




肉体的スランプ

3連休のシンガポールです

コンニチハ

今週は胃腸がやられて寝込む1週間になってしました

胃が痛い

腸が痛い

寝てばかりなので

頭までが痛い

完全に悪循環

ポカリを何リットル飲んだだろう

今朝は

「素うどんが食べたい」

そう思って

以前にヘレンからもらった長崎名産「あごだし」でスープを作って

うどんをコトコト煮ました。便利。美味し。


うどんパワーをもらって元気になったような気がして

コリンにリードを付けたけれど

「JJ,行ってくれる?」

倒れる気がしてJJに頼みました


養命酒のCMで

男は8の倍数

女は7の倍数の年齢の時に不調になりやすいって言ってます

私の場合

ちょっとずれているけど

46歳で肉体的スランプに陥りました

無理の効く年齢ではないので

こんな時は潔く

力を抜こう

と思う


テニス

練習量をうーんと減らすことにしました


そう決心したら

胃の痛みも少し和らいだような気がします

赤い美のフルーツ

快晴のシンガポールから

ぐっもーにんっ♪

随分前のハナシですが東京に帰ってしまったC子が

「赤いう●こが出てびっくりしたー」と言ったことがありまして

でもその原因が

赤い方のドラゴンフルーツでして

それで

春休みに帰星していた青に食べさせたくて買った赤いドラゴンフルーツが

ひからびて野菜室に転がっていました

これだけ放っておいてあったらさぞかし甘いだろうと

一人で半分をペロリをたべたんですね

ええ、甘くておいしかったです

翌日

「なんじゃこりゃ~~~」 赤いう●この登場

「これだこれだ!C子が言ってた赤いう●こ!」


こうなったら調べますトコトントン!

赤いドラゴンフルーツはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なのに加え

小さな種が腸を刺激して便通を促すらしい

人によっては尿も赤くなってしまう!?(混ざってオレンジ色じゃないかい!)

沖縄でも「便秘に効く美のフルーツ」として珍重されているようです


そう言えばC子

赤いドラゴンフルーツを丸一個食べたと言ったような・・・

半分食べてあの色なら

丸一個の色はほんとんどそのまま?!

そりゃ、病気だと勘違いしまわすわなワッハッハ


美のフルーツ

お試しあれ♪

電気に頼った繋がり

夕焼けが綺麗なシンガポールからこんばんは

「充実してるよー」

大学に進学してアパートに一人暮らしを初めて1年の

マイケルがよく言ってくれる言葉です

ネットがあれば

中学と高校時代の友達と連絡をとれるし

必死に大学で友達作りをしなくても

満たされているのかなと感じます


夏休みに

台北日本人学校時代の先生と友達と東京で同窓会をするそうです

そんな話しを聞くと

心がじんわり温まります

不思議とマイケルの年代の親子はいつまでも仲が良く

いつでも会おうとします

不思議な出逢いです


マイケルは更に高校の同窓会にも出かけるそうです

鹿児島です

こうしてみると

地味男マイケル君の心って結構満たされているんだなと

安心します

大学でちゃんと友達作りしているんだろうか?

もうそんな心配はしないことにします


子供達

ネットで繋がって今の時代の人脈を保っています

考えてみれば

私達大人も同じ

会話しているかのような早さで返信できることに慣れて

ペンを持たなくなりました


ネットに感謝

電気に感謝


まったり金曜の夜

一降りあって涼しい夜のシンガポールです

こんばんは

今シーズンのローカル戦LTSトーナメントの最終試合でした

はい!現実を胸に抱いてマリさんと私ペアは全勝しました

勝てば疲れも半減

リフレッシュも美味しく頂きました

最終戦だったので特別に

タイガ―ビールと白ワインが出ましたー

ったく

不謹慎極まりないでっす ^_^;


でも1年ぶりに参戦したSJLはめちゃめちゃ楽しかったですね

負けから学び

勝ちからも学び

ローカルの奥さん達や他国からの駐在員奥さん達との出会い

食事におしゃべり

これぞ海外生活のテニスです

この環境下にいられることに再度

感謝


週末はしばし休憩

それを思うと金曜の夜は

まったりまった~り

シアワセ~


梅酒ロックを飲んで寝ましょう







現実を胸に抱いて

コンバンハ

明日はLTSと言うローカルの大会の最終戦です

痛い膝を抱えながら全勝をめざします!

今シーズン、チームが参戦しているディビジョンに他の日本人チームはいませんでした

そしてシンガポーリアンを始め、アメリカンやヨーロピアンの方々から

東日本大震災への

たくさんの御心配やお見舞いのお言葉を頂きました

コートでは敵!

でもコートを出てリフレッシュメントを一緒に食べたら

皆同じ地球の仲間


日本では放映されない震災の遺体写真

遺族の方々に配慮したい日本人らしい繊細な心です

そんな中

海外で放映された遺体写真を見ました

赤土にまみれた母親と子供の遺体

それは戦時中のものでもなく

海外でのものでもなく

平成23年の

同じ世代を生きていた

1ヶ月前は普通に生活していた母子



東日本大震災がなぜ悲惨なのか

遺体の写真が初めて教えてくれた思いです



明日の最終戦

あの母子を胸に頑張ろうと思います




納豆

余震が多すぎる

嫌だなぁ


明治屋の納豆コーナー

いつもの「おかめ納豆」は売り切れ

そして

他メーカーの「梅風味」とか「辛い納豆」などの変わり納豆が残っていた

ひきわりも後少しだった

私はいつも買わない「ひきわり」と「辛い納豆」を1個ずつ買った

そして今日はお魚屋さんルートで

「おかめ納豆」がやってきた


私 「納豆がしばらく入ってこなさそうよ」

旦那 「仕方ないね」

私 「もう少し多めに買っておこうかな」

旦那 「なければないでいいよ」

私 「そうね、買いだめはいかんね」


日本で発酵食品が足りないと言う

納豆にヨーグルト

停電で発酵作業が進まないのだ

ヨーグルトは欧米からやってくるからいいけど

茨城の水戸の納豆はもう海外の日本人には回って来ないね


シンガポールに日本食が溢れていることで

不便さを忘れていたけれど

不便なのが海外生活だったな、って思いだしたりなんかして


子供の頃

納豆を初めて食べたのがアメリカでのこと

それからずっと納豆が大好き

40年以上も前から納豆はアメリカにも輸出されていたのに

今は日本国内にも行き渡らない

海外で納豆が食べられることはラッキーなことなんだと

冷凍庫にある限られた納豆を大事に頂こうと思う

母子手帳のハナシ

夕方になると降る昨今のシンガポールから

コンバンハ

ところで皆さん

母子手帳って子供がいくつになるまで必要だと思いますか?

答え

大学生になってからも必要なんじゃよ~~

入学手続きの際に必要なのはわかりますが

大学2年生になったこの春

「はしかの予防接種歴を記入するので確かめておくように・・・」

って

大学生=母子手帳必要

う・・・


それでマイケルの大学入学手続きの際にはあったはずの母子手帳が

ない

探しても探してもない

出張中の旦那にメールで聞いたら

「へその緒と一緒にあったのを見たぞ」

だってさ

懐かし~~~♪でも

へその緒ってどこ?

大体

去年の春には母子手帳はあったの!!!

もう・・・無駄にイライラするぅ


てなことで

皆さん

母子手帳は失くさない様にね

子供はいくつになっても子供ってことみたいですわ


ちなみに

失くし物って

天使のいたずらだそーで

それで

「ニンニク ニンニク ニンニク」って3回唱えると

見つかるそーな

天使がニンニクが嫌いだから?

さっき

「にんにくっ

って言ってみたんだけど見つからない

もう・・・いいよ

見つかんなくて

くそっ

青、前を向いている

高校の始業式を終え

新年度が始まった青から

「豚肉と白菜の鍋のレシピ教えて~」

とメールが来ました

このレシピは例の小栗旬が作る味の素のCMの鍋です

数時間後

「できたよ~」

小さなアルミ鍋で作った小栗旬鍋の写真が送られてきました


野菜を極力食べて頂戴

野菜が足りないからニキビができるんだよ

野菜が足りないからお腹の調子がわるくなるんだよ

一日分の野菜が摂れるジュースを飲んで頂戴


自炊をする16歳には限度があって

栄養管理までは到底できないから

離れ離れになったこの1年は懇願するように

野菜を食べて

と言ってきました


帰省してくるたびに簡単に野菜が摂れる料理を教えてあげ

そして

ようやく

願いが叶った思いです


青 16歳 長女

どうしても行きたかった高校で頑張りたいから

面倒な自炊と折り合いをつけようとしています


うれしいです 

ガンバレ!頑張る!

青ちゃん

東京に戻って行きました

離れ離れに住んで1年がたったからなのか

空港で見送りながら

がんばれ

涙はなく

とにかくガンバレとエールしか出てきませんでした

被災地のことを思えば幸せな環境にいるのだから

ありがたく日々を過ごしてほしいと

心から願います


さすがに日本行きの人が少ないのか

羽田行きの予定が成田行きに変更されていました

羽田から杉並に帰るのは楽だからと

たんまり持たせたおかずは

重かっただろうな


いつものおかずに加えて

でっかいシャケのおにぎりを4つ持たせました

コンビニのおにぎりではなく

母ちゃんのおにぎりを頬張ってくれると思うだけで安心します

だから

別れ際は悲しくなかったのかな

アリガトウ

おにぎり君たち


青の二年目の春は

新しいルームメイトと始まります

今まで一緒だった大学1年のお姉さんは一人部屋に移っていきました

今度は同じ高校生がやって来るらしいです

どんな1年が待っているのやら


母ちゃんも

シンガポールで頑張るよ

学校の役員は免れたのでテニスのお世話役に精を出します

既に新しい出逢いもいっぱい

この環境をありがたく思って

日々を過ごします

前を向いて

良いお天気のシンガポールからコンニチハ

3月16日に来星した青が明日の深夜便で東京に戻ります

丸3週間

気を揉んだ3週間

余震を経験しないで済んだ3週間

日本の現実からすっかり離れた3週間

たっぷりと飲食が出来て

ゆっくり寝ることができて

必要以上に節電しないで済んだ

3週間


明後日の朝から又

自炊の生活に戻ります

水道水が大丈夫なのか

情報が100%正しいのかなんてわからないけれど

その水道水で

ご飯を炊いてパスタを湯がいても「大丈夫だから」と

言ってあげるしかない



「せめて一緒に住んであげられたら」と又

心が痛い

無駄に東京の賃貸物件を検索してみたりして



今日はブギスのスイーツの食べ放題のお店に行ってきます

JJの発案です

青が不安と憂鬱を一瞬でも忘れられるなら

スイーツが忘れさせてくれるなら

行こう行こう

お爺ちゃんに学ぶ

夜中に雨が降ったようで涼しい朝のシンガポールです

おはよーございます

コリンのお散歩のお陰で

お友達になったお爺ちゃんとお爺ちゃんのわんちゃん

震災後に久々に逢って

お爺ちゃん 「日本の家族は大丈夫だったか?」

私のなんちゃって北京語でなんとか会話を試みる


しばらく逢わないと

お爺ちゃん 「日本に帰っちゃったかと思ったよ」と

何かと気にかけてくださる中華系シンガポーリアン

コリンもよくなついているので

遠くから見つけると

ピョンコピョンコと駆け寄って行きます


お爺ちゃん、朝はホ―カ―でわんちゃんを連れてコピを飲みに行く習慣があるので

最近は

「コピは飲んだの?」と聞くようにしています

お爺ちゃんは

「おまえさんもコピは飲んだのかい?」

と聞き返すので

「家で飲んだよ」

と答えます


このお爺ちゃんはシンガポールの公団住宅に住んでいます

車いすが入るエレベーター、車いすが通る通路

1階にホ―カ―やスーパー、商店街

多目的ルーム、健康用の運動器具まであります

そして

近くにはバス亭と歩道橋

お年寄りにとっても便利に作られています


この敷地をコリンと散歩しながら思います


東北の高台に作ったらいいのに


佐渡島より一回り大きいと言われているシンガポールの小さな国土

ここで出来て

日本に出来ないはずはないでしょう

「生まれ変わった東北はすっげ~!」って思われる町になってほしい

画期的な生まれ変わりをしてほしいと

心から願います


シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索