FC2ブログ

夏休みの間に何か成長した?

こんにちは

久々に同好会のメンバーとテニスをしてきました

ちょうど練習が終わる12時頃から雨が降り出して

皆、それぞれに退散

私は伊勢丹に寄って買い物をしたかったけど

雨が激しくなったので諦めてタクシーで帰ってきました


「夕べの残りの親子丼があったからそれに具を足して・・・」

JJとの昼食を考えながらシャワーに入って

でもその前に聞くだけ聞いてみよう

「JJ,玉ねぎと鶏肉を切っておいてくれる?」

JJは中学1年生

そして玉ねぎを切ると目が痛いので絶対に切ってくれません

従って

あえて聞いてみました

そしたら

「いいよー」との返事

「玉ねぎもいいのぉー?」

「やってみる」


シャワーからあがって

台所をのぞくと

鶏肉と玉ねぎがちゃんと切られてまな板にのっかっていました


この夏休み

JJは何か成長したのかなぁ~?と思ったりもしたけど

さりげなく

さりげな~く

成長していたみたいですね


さぁ、明日は夏休み最終日だよおおお!何するべ?
スポンサーサイト



雑巾チクチク

はっきりしないお天気だけど涼しいSingaporeからこんにちは

旦那は台北へ

JJはお友達とお出かけ

私は又独りぼっちでごんす

こんなにも独りぼっちの時間を持つようになるなんてことは想像もしたことなかったですね

なんとなく

将来の準備

その心の準備をさせられているようです


準備と言えば

夏休みもあと数日で終わるので2学期の準備に入らないといけないですね

今日は

JJが始業日に提出する雑巾を2枚、古いタオルを切ってチクチク縫いました

JJが小学生だった頃は

「JJもやる~~~」と言って

一緒にチクチクやったりしたものですが

今では私がチクチクやってあげるのが当然のように興味も示さなくなりました


チクチクやりながら色んなことを考えました

この世にパソコンも携帯もなければ

ゲームもテレビもなければ

プリクラもなければ

雑巾を縫う子供達がたくさんいるのかなって

必要の長さの糸を考えたり

波縫いの間隔を考えたり

何しろ古いタオルを切っているので

もう綺麗な長方形ではないから

角と角が合うように生地を引っ張ったりして

一枚の雑巾を縫う

山あり谷ありを

楽しめるのかなって


最近の子供達は

雑巾絞りが正しくできなかったりするそうで

私は

縫いあがった雑巾を

絞ってみたりなんかして

古いタオルといっても

まだフワフワ感が残っているので

小さな手では絞りにくいかな

なんて

思ったりなんかもして


JJの世代を考えさせられる

この夏休みの雑巾チクチクでした

45歳の無理

遠くから雷音がして今にも振りそうなシンガポールから

こんち!

先日は

居酒屋ヒロちゃんで朝の7時まで吞んでました

と言っても夜中3時くらいからはほとんど睡魔と闘いながら飲食も限界に達していましたが

何十年ぶりだろう

徹夜で語りつくすというか吞むというのは

でも私の人生の中で

睡眠は大事な位置になるので(夜に弱いだけ)

夜通し起きているという経験は皆無に等しいのに

45歳にしてやってのけちゃいました

「やれるもんだねぇ♪」なんて自画自賛したものの

帰宅したらそのままバタンQ

その日はさすがに眠いけど家事が気になるしんどい日になりました  あああ、二度とやるまい・・・


ここで一句

ちゃんと帰ろう
ちゃんと寝よう
楽しい夜




うわああ

振って来るぞ~~~

テニスのレッスンはキャンセルだな、こりゃ

夏休み終盤

風が気持ちのいいシンガポールの朝です

おはよーございます

青も無事に学生会館に戻り

Singaporeの家では家族3人&コリンの生活に戻りました


今朝はふと

ラジオ体操第一を鼻歌でやりました

ラジオ体操って不思議なもので

やると一日の始まりに大きな変化が出てきますよね

理にかなった朝の運動なんだなと改めて思います


実はは最近

嫌な夢を見るんですよ

お腹周りの脂肪が現役の小錦関のようになって

「げーっ!やばーい!

と思っている夢・・・

夜も酒とつまみを楽しんでいる後ろめたさからなんでしょうね

ポテチとチョコをつまむ後ろめたさなんでしょうね

あーあ


食べたいだけ食べて吞みたいだけ吞んで

でも

運動はする!と自分に約束はしても

飲食の量だけが暴走してしまっているのね

飲食がウサギなら

運動が亀

ううう


青が帰ってしまって

やけに暇に感じます

JJもそう感じるのか

今、ピアノを爆練しています

夏休みも終盤

今日からJJも私も

2学期への準備


「自分磨き」再開です

青が行く

青が東京に帰りました

私は4amに起きておかずを作って冷やし

ジップロックに入れて持たせられるように準備しました

青のコロコロバックはチャンギ空港の受け付けカウンターで『20.6キロ』

色々持たせ過ぎたかな


楽しすぎたSingaporeでの夏休みは青を少々怠惰にさせてしまったかも?

今朝、ご飯を食べながら

「どこでもドアがあったらいいのに」

大きな荷物を持っての移動は確かに楽ではないからね

そして

「あああ!帰りたくない!

と青が言った時は

さすがに家族は 「ま、今はそう思うだろうな。仕方ないな」くらいに受け止めて

青も 「今、ちょっとだけそんな気分を吐かせて」と思ったいたと思います


旦那 「飛行機の中で映画2本見れるからいいじゃん」

私  「夏祭りにも行くんでしょ?ママの分もりんご飴食べてきてよ」

青  「へへへ」


手荷物を預け

ちょっと写真を撮ったりして

そして

まったりする時間を設けずに

青を送りだしました

「無事に学生会館にたどり着いてくれ」の思いを胸に


美術系高校

2学期は油絵に入るそうです

青はなんと

JJを描くそうです

人生が刻み込まれた深いシワのある旦那と私の顔ではなく

ピチピチのJJの顔を描きたいそうで

昨日はJJの上半身の写真を連写しました


この夏

娘達は

心の中でしっかり手をつなぎました

姉と妹は永遠に仲良しでいてくれるような気がします

青との夏休みは終わって

今ちょっと泣けてしまうけど

気持ちを入れ替えて

今から

掃除掃除

JJが口を開けて昼寝している横で

掃除機ブイーンブイーンブイーンかけて

寂しさを払拭しっよっと


皆さんもHave a great day ね!





8月23日

気持ちの良い朝のSingaporeからおはよーございます

とうとう来てしまいましたよ

青との夏休み最終日

はい、青は明日の早朝にチャンギ空港から東京に帰ります


従って今日は朝から荷造りに励んでおります

最終日の今日の予定は

「JJとプリを撮る♪」

で締めるようです

私はお付き添いでその後の買い物につきあいます

昼食は青の希望でチキンライス

夕飯は母ちゃんの家飯


朝寝坊禁止!のこの夏休み

お陰で宿題がはかどりましたね

一日を大切に過ごせました

青は中和的な存在なので

家の中が わーっ と楽しくなりました

帰ってきてくれてありがとね、青


東京に帰ったら

新しい冷蔵庫を買いに行って

借りている冷蔵庫を綺麗に掃除をして返すのよ


そして

歯医者に行って

出し忘れたクリーニングを出しに行けば

お母さんはもうそれで安心だから

後は青の時間です

友達と一緒に行く約束をしている夏祭りを楽しんでね

そして友達にお土産を渡すのも楽しみだね

東京に帰ったらやらなければならないことが次々あるから

楽しんで取りかかってね

今度は冬休みにマイケルと帰って来るのを何よりも楽しみにしているから



さてと

青とJJのプリ撮りに準備しますか

トルコ料理食べながら宿題

青の高校の地理の宿題は

「先生が行ってみたい国を調べてくること~!」

ということで

先生がピックアップをした国々をくじ引きで決めたそうです。

青にとってシンガポールが当たれば一石二鳥だったのですが

先生は 「シンガポールには行った事があーる!」

残念・・・

青の友人は 「タイ」を引いて

友人に言いました 「取り換えてくれ」

でも友人にさらりと断られましたとさ

なんでって

青が引いたのは 「トルコ」だったから

「どこじゃ、それ?!」で相手にされず

ということで

今日はRobertson Walkにある

「Cappadocio」というトルコ料理屋さんへランチを食べに行ってきました

店員さんに

「娘の宿題がトルコ文化のレポートなの」と応援をお願いして

トラディショナルなメニューを勧めてもらいました


こういう機会がなければトルコ料理を食することもないですね

又こうして

子供に世界を広げてもらったお母さんです

で、トルコ料理の味は?

シシカバブ―(チキン)のお肉は柔らか~

その他、珍しい食材をつかったアペタイザーで食べられないものがあったけど

トルコピザは普通に美味しいし

娘達は大満足

トルコ駐在は問題ないかも って絶対ないよー

なにしろ

店員さんの対応が親切で協力的で感謝感謝のランチでした


写真を撮りまくったのですが

携帯を代えたことでブログに載せられないまま(そういえば最近、写真が全然な~い

でも旦那が帰ってきたらUPします

してみます

たぶんします

するかもです

しなくても嫌いにならないで

マレーシア産キャベツ

日本の野菜の価格が高騰しているのかしら

ニュースで言っていたような

それで先日の明治屋に

安い方の日本産キャベツがなかったの?

スカスカで半分切りのキャベツがあったけど

一人分の野菜炒めにしかならない量でそれは高い方ね

値段をちゃんと確かめないで

「美味しそうなんだけど。絶対美味しいだろうけど。」

横目でチラリ

見えなかった、気がつかなかった

さよなら高級な日本のキャベツ


そして手にしたマレーシア産キャベツ

値段はいつも納得

そして珍しくおいしかった

おいしいキャベツは甘い

旬だから?

いつもは苦いのにおいしいのはなぜ?

ってマレーシア産キャベツに怒られそう

「旬の時期くらいは美味いんだよ!

ってね


マレーシア産キャベツは豚バラ肉と一緒に野菜炒めになって

インスタントの塩ラーメンの上に乗っかったのさ

それが今夜のご飯でした

チャンチャン

運動は原則禁止!?

熱中症対策の指標として・・・


暑熱環境計=湿球黒球温度(WBGT)があります。



WBGTの指針として・・・


WBGT 31°以上  運動は原則禁止

   28~31° 厳重注意(激しい運動は中止)

   25~28° 警戒(積極的に休息)

   21~25° 注意(積極的に水分補給)

   21°以下  ほぼ安全(適度に水分補給)



以上、お世話になっているブログから抜粋しましたが

ここシンガポールの暑い日は32~34度あるんですよね・・・

だから言ったでしょ

シンガポールのテニスおばちゃん達はスゴイって

クラブと同好会って9am~12amの3時間練習

ローカルの試合に至っても同様の時間帯

SJLという日本人奥様の大会は朝から2pm過ぎまで

試合に関しては後半になると足がつっちゃう人が続出

それでもコートに立つ(走らない)根性!


彼女らの多くはビールを好み

昼間っからゴクゴク

良く食べ

良くしゃべり

日焼けを気にする人でも

さすがに日本の色白奥さんに交じると

黒糖のよう

黒糖のようなシンガポールのテニスおばちゃんの中で

「なんでテニスやってるのにそんなに白いの?」

と聞かれて喜んでも ←シャー

そんなあなたは日本では

チビクロサンボのお人形ですからぁー! 


さて

「運動原則禁止」の環境下で

今日もテニスをやってきましたよ♪

ちょっとだけ

「暑い」の意味がわからなくっているかもしれませんね

でも

テニスはやり続けても

決して満足をするプレーに達しないから

鼻の先にニンジンがぶら下がったお馬さんのように

目標を永遠に追い続けます

「運動原則禁止」の環境下で

チョーさんの店

ドリフターズのじゃなくて

日本人ご用達のお土産屋さん(ラッキープラザ4F)に娘達を連れて行ってきました

16番バスがオーチャードには行ったところで大雨。3人娘に傘1本もなし

でも3人娘にハンカチ1枚あったからそれで濡れた頭や腕をふきふき

「さ、チョ―さんの店に行くぞー。面白いおじさんだよ」


オーナーのチョ―さんは日本語ペラペラで

品定め中に「これ、新しい」とか

「これ、チョ―さん作らせた」

「これ、食べて(青ドライマンゴー)。まだ売ってない」

「これ、木ね」

「これ焼いたね」

などなど聞かなくても説明してくれて

これが名物になっていて日本人の奥様で知らない人はいないくらいの有名人

かつ

優良お土産店のオーナーですね


普通のお土産店と違っていて

チョ―さんのお客さん思いが溢れています

青は仲のいいお友達一人一人の好みを考えながら

チョ―さんの解説が入りながら

念入りに商品を選びお土産買いは終了!

チョ―さん、今回もありがとう


青はまだ16だから~♪

こんにちは

今日は雨でテニスの練習が中止になり

青と一緒にブギスへ出かけました

我が家の最寄の駅から5つ目にブギス駅があって

駅近辺には10代女子が喜ぶような

チープな洋服やアクセがいっぱい

小さな原宿って感じでしょうか


娘達の望むようふくって一緒に買い物に行かないとわからない

青が 「あれよくない?」

という洋服の良さがわからず

「えー?これがいいの?」

10代のファッション雑誌を読んで勉強する必要ありかな

結局

青に6点ほどの洋服とアクセを買って

私も1点洋服を買って

満足満足


春から日本の生活を始めた青なので

まだ秋冬物の洋服がなくて心配ですが

10代ファッション雑誌で勉強をして送ってあげよう!と新しい楽しみができたかも


16歳はまだ16歳

しっかりしてきても

「まだ」母親が必要

伊予は「まだ」16だから~♪

16は「まだまだ」な歳です


今週もう一回ブギスへ行くぞ

マジで娘達の買い物は楽しいですよ

娘達がいなかったら足を踏み入れないブギス近辺は

45歳には超新鮮

すっかりご飯係

こんばんは

雨が降りそうで降らない涼しい夜のシンガポールです

我が家は14階なので適度な風が入って心地いいです

青が東京の暑さにうんざりしていたので「シンガポールは天国」と言います

乾季だったはずのシンガポールは連日の雨・・・

そうこうしているうちに雨季に入ったのでは・・・?

ここシンガポールの気候を説明するのは難しいかもしれませんね

3年前にここへやってきた時も誰ひとり気候について明確に説明しませんでしたわ

その理由が今よくわかりやんす


さて

今夜は外食希望のシャーだったのですが

娘達は「何作れる?」とくるので

「パンと水」



「白飯と水」

と答えたのですが

「本当は?」と聞かれたので

「そうめん」

と答えたら

「そうめん食べたい♪」

「・・・」

そうめんの冷やし中華風を作りました


冷やしたそうめんの上に

ゆでたほうれん草
千切りきゅうり
千切りハム
金糸たまご

を乗せて

オプションにイカのてんぷら

上手に出来て喜ばれてしまった・・・



青のシンガポールでの夏休みはあと9日になりました

実はもう考えているのです

最後の日に青に持たせる手料理

ジップロックに小分けして学生会館に戻ったらすぐに冷凍をしてもらいたいのは

チャーハン
ハンバーグ
鶏のから揚げ
豚肉の生姜焼き
じゃがいもを抜いたカレー

最後の日は一日台所に立つ予定です


もしこの手が動かなければ
足が立たなかったら
目が見えなかったら

やってあげることができない

だけど

手も足も目も元気!

お陰さまで元気!


随分前に義母が言いました

「やってあげたくてもやってあげられないのは苦しいものよ」

だから

感謝して

青の土産を作る予定を立ててます

リレーおぴにおん 「いいのか学校英語」

静かな土曜日のシンガポールからこんにちは

お昼御飯は「おいなりさん」にしょうと思います

おいなりさんとトン汁。う~ん、I can't wait!


ところで

朝日新聞の「リレーおぴにおん」のテーマが「学校英語」ですね

私は日本の保育園・幼稚園・小学校で「楽しい英語」というものの

指導をほんの少しやらせてもらった経験から日本の英語教育には色んな思いがあります

それはさておき

英語圏の国の中でアメリカとシンガポールに住まわせてもらって

純粋な日本人の英会話力の現実と

日本の英語教育を照らし合わせて考えさせられます

はっきり言って

おしゃべり好きは英会話の上達が早いです

なぜかって

文法通りに話そうとする脳より先に「話したい」という心が動くからです

そして

相手の心情までを知りたいという深い思いがコミュニケーション力となって

より上達を早めます

日本において

思ったことをなかなか口で表現の出来ない人

人の心情までに興味のない人が

英語をコミュニケーションとして使うことはできないんです

母国語でできない、やらないことを

英語でならできる?


要するに

英語が5教科の1教科であること

受験科目であること

「脳のもの」である前に


ハナシをする為の「心のもの」


でなければ

日本の英語教育はいつまでたっても

試験のために英語に過ぎません


目の前のその英語を話す人と友達になりたい?

英語を話すその国ってどんなところ?

英語で歌われているその歌、歌ってみたい?

その歌詞の意味はなに?

じゃ、英語で自分の名前はどう書くの?


英語を脳にたたきつけるのではなく

「英語を心に生まれさせる」

感情が動いてなんぼです


「楽しい英語」を習ってくれていた子供達は

今はもう中・高・大学生

小さかった頃に歌ったあの曲この曲を今でも歌ってくれているといいけど





夏休みもそろそろ折り返し地点だね

おはよーございます

昨日ジムで上半身の筋トレをしたからなのか

ちょいお疲れの朝を過ごしております

でも午前中に娘達がお勉強(のはず)しているのに

母親がゴロゴロしているのは教育上よくないと(今更~~~)

掃除機と雑巾とマジックリンで家事エクササイズ

このPC部屋も埃取りせねば・・・


この夏休み

娘達とたっぷりと時間があるので

色んなハナシをしています

母親っちゅーもんは

娘に対しては

お母さんの失敗を繰り返させたくない

とか

犯罪に遭ってほしくない

とか

家事ができるようになってほしい

とか

人並みに彼氏ができて結婚ができる人になってほしい

とか

色んな思いがありまっす

ある程度の年齢にならないとわかってもらえないハナシや

今だから伝えておかないといけないハナシは結構あったりして

だから

「うざいなーもう」って態度を取られてもめげません

娘達の頭の隅っこにでも残っておけばそれでいいので


ところで

家族が一人ずつ家から減って行って物が増えなくなったにしても

若いころみたいに収納上手になれないあたくし

頭の中の整理整頓も上手くいっていない証拠なのかな

それでも

このPC部屋の埃だけは取っておこっと


皆さんもHave a great day!

大事な時間

午前中は晴れ

午後から雨のシンガポールからこんにちは

今日はクラブの有志練習だったんだけど

娘達はその間に世界一を誇る日本人会館に行っていました

レストラン、バー、カラオケルーム、図書館、売店、ホール、クリニックと何でもござれ

各種教室も充実、ボランティア活動あり、サークルありです

で私はと言いますと

全く利用しておりましぇん

各種教室はもう行きませんし

日本人運動会にも

夏祭りにも今後も行くことはありませんね


私が日本人会を利用するほど子供達はもう手がかからなくなりましたひゅー


今日はテニスの練習でアラ50のカーノさんに言われました

「そのうち24時間すべてあなたの時間になるのよ♪」

そうなんですよね、あと数年でJJが旅だったらね・・・

でも想像をしてもちっとも嬉しくないな


日本の高校に行ってしまった二男を持ち

シンガで旦那さんと二人きりになってしまったヒロさん

「お世話がしたいの。寂しいよおおおおおおお」

と言います

「お父ちゃんのお世話があるじゃん」

お父ちゃんじゃ嫌なのよおおおおおおお

若い子がいいのおおおおおおおおおお




さて

今リビングで青とJJとJJのお友達がテレビゲームで盛り上がっています

夕飯のカレーが出来あがって

時間が過ぎて行くのを待っているだけのシャーです

まだ子供達がそばにいてくれるこの時間を

大事に

大事に

しまっす

ちょっと怖かったハナシ

今朝、スト―キングされてちょっと怖い思いをしました

心臓の弱い方はここから読まない方がいいかもしれません

コリンを散歩中に

「おっ!珍しい・・・」と凝視してしまった電動自転車

それにまたがっていたオッサンもこちらを凝視しました


「おや?」と思ったらそのオッサン、Uターンをしてきて

不自然に角で止まっています

オッサンが止まっている方向に行きたかったのをやめようと思ったのですが

バス通りだし人も歩いている

「行っちゃえ」

オッサンを気にしながら横を通ったら

今度はオッサン、私の横を走って通り過ぎ再度Uターン

私の目の前に!!!

間違いなくオッサンはおかしい

私を女子大生かと思った?

いや

女子高生?

最近、パックもしていないしシワがはっきり見えているはずなのに

しかもスッピンだっちゅーの

ま、どうでもいいわ

てめー、下手なことしたら

ぶっとばすぞ

オッサンは低い声で 「Hi」

私、怒りのオ―ラ出しまくって心の中でファイティングポーズ

オッサン、ちゃんと感じたらしく電動自転車でとぼとぼ帰って行きました (やっぱり電動自転車はラクそうだった)


THE END



この出来事を娘達に話し、注意を促すと

「ママの事怖かっただろうね」 って




夏休み中のお昼ご飯

調子がいいと

「おっ、そろそろ作らないと」

とお昼の家飯を作る為に11時ごろ台所に立てるけど

なんとなく

作る気がなかったり

逃げ腰だったり

行方不明のフリしたかったり

死んだフリしたかったりすると

あっという間に12時

そうすると

出てくる出てくる

ゾンビ達が各部屋から

「腹へったあああ」

うわあっ!でたあああっ!一日に3回もよく腹が減るもんだ・・・ぶつぶつぶつ」


あああ、こんなことならもっと早くから作り始めればよかった

と思うこと何回目か

何年目か

学習していないとはこのことじゃ


今日はね「ご当地らーめん」を作りました

2食入りだから

青とJJの分だけ

「3等分にしていい?」

「だめ」

従ってママには夕べの残りのかき揚げ天ぷらとご飯


青 「天ぷら、ちょうだい♪」

JJ 「ご飯、ちょうだい♪」

食べ盛りゾンビ達にはついつい全部あげてしまう


JJ 「ママ、スープいる?」

私 「いる」



夏休みはまだまだ続く・・・

8月9日


45歳になったシンガポールからおはよーございます

今日はナショナルデーという祝日

よって静かな朝です


同時に日本では終戦65年なんですね

吉永小百合様の朗読を毎年

この時期にテレビでみるようになりました


吉永小百合様は終戦直後にお生まれになって

お乳もミルクもない状況下で

乳幼児時代を過ごされたそうです

豊な時代に産まれ育った私

そして子供達にも想像しがたい戦争時代

「戦争の悲惨さをわかって」の訴えを

どれだけ心に取り込めているのだろうか

戦争の悲惨な写真から目を背けるJJと

65年前の惨劇のギャップの大きさだけを感じる

45歳のシャーです


さてさて

携帯を変えて写真を載せられずにいます ←まったくの機械音痴

大した写真など撮ってもいないし

面白いネタもないもないんですけどー

ただ

今は

子供達が将来に夢を持っていることに感謝します


マイケルは大学で研究していきたい?

青は絵に関する仕事につきたい?(そして結婚はしない?)

JJは音楽に関する仕事につきたい?



なんでもいい、夢は生きる意義をくれるからね

何で勉強をしないといけないのか

なんで運動をしないといけないのか

何でヘルシーに食べないといけないのか


シンガポールの45年の歴史のうえにここに住まわせてもらっていること

今の日本も長い歴史のうえにあって住まわせてもらっていることを

感謝のできる

今日

8月9日です



JJと青の夏 ②

青が夏休みを利用して家におります

午前中は宿題

食事はほとんど家めし

普段できないPCに向かう時間は長く

常に友達との交流もマメにしているよう


かたや

JJ

マイケルや青のようにまだ家を出たことがないから

家庭のありがたさをわかっていない

ご飯の心配もお洗濯の心配もない

親の目を盗めば

PCやり放題


そんなJJがあたくしシャーをカス扱いする

せっかく一緒にオーチャードに出た日にゃ

「洋服でも見てこ♪」

「やだ。帰る」

「1軒だけ。おねがい♪」

「やだ」

「・・・」

「・・・」


交換条件が走馬灯のように脳をかけめぐる


「じゃ123番バスが来たら帰ろう。でも105か106番だったら買い物につきあう。でどーだ」

「いいよ♪ふふふ」


何番バスがやってくるのか・・・どきどき。神様はあたくしを裏切るはずがない

 JJ  「123だ!やったーーーーー♪

カスになった気分のあたくし


「ふんっ。もう夕飯つくんない」

「なんでそうなるわけ?大人気なーい」



夏休みはつづく・・・

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索