FC2ブログ

嵐が吹き荒れる心

15年前に初めての女の子を授かった。

陣痛に耐えて自然分娩をし

後産の痛みも何年経っても忘れはしない

幼稚園小学校中学校を経て

大きな病気も小さな病気も乗り越えて

転勤生活を共にしてきた


今日はジャパ中にて三者面談

確認事項にたっぷり時間をかけて話しをしたね

それだけ

大きな節目に来ているから

傷つけあいながら怒ったり泣いたりしながら

進路を考えて結論を出したね

今日も泣いた

でも結論を出して納得したから

もう

苦しい涙を流すのは今日で終わり


心の「不安」と「がんばらせないといけない思い」が

互いに引っ張り合って引きちぎれそう

手放す不安の中で

がんばれ!と尻を叩くこの矛盾


もしかして

お母さんが間違っているのかな

そう思ったら

涙が出たんだよ

15年間、青のお母さんをやってきているのに

何もわかってないのかな

って


夕飯は

黙って手巻き寿司を

手渡してあげるだけで精一杯だった


心に嵐が吹き荒れている




スポンサーサイト



コリン

おはようございます

風が気持ちいい~シンガポールの朝です。

ブキティマ・ヒル方面から吹いて来ているのでこのPCルームは珍しく快適です。


ところで最近

コリンのしつけとして

エレベーターの中で「おすわり」をさせています。

コリンとしてはウロウロしながらふがふが匂いを嗅ぎまわりたいのでしょうが

公共の場なのでダメ。

犬が苦手な人をリスペクトして

エレベーター内の四つ角の一つに目立たないようにおすわり。

でも

コリンは私の子。

おすわりを忘れてウロウロ。ウロウロの途中で「お座りでしょ?」と言われると

それが扉のまん前だったりして

「そこかよ?」だったりもするんですけどね。


昨日は「おすわり」という日本語に反応されてある御婦人が声をかけてくださった

アメリカのミネソタ州出身のその方は「私の旦那さんは日本人なのよ♪」

英語と日本語を交えてお互いのことを少し教えあって

白人さんは買い物へ。私はJJのお迎えへ。


こうして

エレベーターでおすわりを覚えたコリンは又「出会い」というプレゼントをしてくれたのでした

食いしん坊万歳!

とあるレストランにて。65ドルのシャンパンを5人で乾杯

アペタイザーにお薦めのカキを。柔らかい優しいお味。
悪魔のささやき「一個か・・・でも後に続くし♪」



メインはポークのブルーベリーソースかけ。直径4cmほどでしょうか。上品なお味。
悪魔のささやき「せめてマッシュドポテトだけでも添えてくれぃ」
533_convert_20091028174529.jpg

デザートはアップルのクレープ。美味しい・・・ 
悪魔のささやき「バニラアイスを添えるスペースいっぱいあるぞ」
534_convert_20091028174714.jpg

こうしてこのコース料理&シャンパンに約60ドルを払い

腹3分のままお店を後にした悲しいセデブランチでした。  ひゅー



.

チョンバルマーケット

おはようございます

今朝は初めてチョンバル・マーケットまで徒歩で買い物をしてひと汗かいてきました。

「チョンバル・マーケット」と検索すれば

シンガポールの有名な「市場」なので情報はたくさん出てきます。


そのチョンバルマーケットに一足踏み入れた瞬間思ったのは

「士東市場・・・」

まさに台湾在住時代にお世話になったところです。

ここで野菜果物はもちろん、日本のお米の配達もしてもらっていました。

当時はチャリンコ族だったので

果物を買った日にゃ前かごが重たくて

チャリンコにまたいでからでないと先に果物をカゴに入れると

チャリンコはバランスを崩してガッチャ―ン!な訳です。

士東市場も室内の市場ですが冷房完備だったため

電気代の分、品物はそんなに安くはなかったのです。

チョンバルマーケットはオープンな室内なので大きなシーリングファンがいくつも稼働していました。

暑くもなく買い物がしやすく品物は市場らしく安い・・・

士東市場と同様にチョンバル・マーケットも上階でローカルフードが食べられます。

次回はそこの有名店のローカルフードに挑戦です。


アジア。

文化が繋がっています。

心が和む今朝一番のお買いものでした

美味しい店 -山頭火-

いつかはトライしてみたかった山頭火のラーメン!ついにやってきました~~~
541_convert_20091026160812.jpg

JJ 「かとうさん?」

私 「志村さんでもいかりやさんでもないしね~」

JJ 「かとうさん?『かとうさん』でいいんでしょ?」 ←いたって真面目

私 「じゃ、『んめーら』ってなーに?」

JJ 「あっ


さて何を注文するべー?


JJはカレーと小さな味噌ラーメンセット(欲張りな性格がわかる)

538_convert_20091026160211.jpg

パパは残りのスープにご飯を入れて食べるセット(掃除好きがわかる)

537_convert_20091026160127.jpg

私は初トライのつけ麺。失敗だったらパパとJJに取り換えてもらう魂胆(サザエさん宅のカツオみたいな性格がわかる)

536_convert_20091026160030.jpg


山頭火のラーメンはシンガポール1! という意見をよく聞きますが

上品なスープの味に感動しましたね。


店員さんに 「日本人シェフが常にいらっしゃるの?」と聞いたところ

「YES MA'AM!」

上品なスープとしこしこ麺、

スープと麺のバランスをきちっと考えて組み合わせてあります。

シェフの心意気が感じられるラーメンを久々に頂いたような気がします。ごちそうさま

美味しい店 -天津館-

暑くて全然テニス日和ではないシンガポールからこんちくわ♪

大所帯のクラブに所属しているので練習後によく食べに行くのがここ天津館

520_convert_20091026155558.jpg 鶴姫が並べてくれたピーナッツ


お名前の通り、中華料理店なのですが

餃子系が美味しいです!ビールを飲まずにたっぷり食べても12~14ドルくらいでしょうか。安いです。

そこでメンバーの方々が言われる「これは外してはならない2品」をご紹介

522_convert_20091026155840.jpgニンニクで炒めてあるキャベツです。注文するときに「キャベツ」で良いそうです。

そして

521_convert_20091026155719.jpg ごま油やニンニクに漬け込んであるきゅうりです。注文するときに「きゅうり」で良いそうです。
でもこの「きゅうり」、私が行った時はちゃんと漬かってなくて美味しいためしがありません。写真を見てもしんなり感がないのがわかると思いますが。


ま、そんなこんなで

くそ暑くて全然テニス日和じゃないシンガポールですが

美味しくて安い中華で栄養補給しながらテニスがんばってまっす

青 がんばれ

今日はジャパ中の写生大会。

中3の青はマリーナにあるチビマーライオン(本家本元)近辺を描いたそうな。

私 「どうだった?」

青 「うん、まぁまぁ」


実は青、

来月ある高校入試相談でデッサンと水彩画を評定してもらいます。

デッサンは仕上がっていて水彩画は部屋で描いている途中。

そして

願書と一緒に提出しないといけない

別のデッサンと水彩画があり、

これはMIU スタジオにて描いている。


それらが終わっていないのに今日は写生大会。

好きなことはヘトヘトになってもやっぱり楽しくてやめられないよね。


お母さんのテニスもヘトヘトになってもやっぱり楽しくてやめられない。

今日だって疲れが取れないまま夕方になってしまった。

人生がたった一度しかないなら

心のままにやりたいことをやらないとね。


だから

青を応援する。

がんばろうね、青。

ヘレンの英語

実は先日

「TAVOLO」というイタリアンレストランに行ったのです。

530_convert_20091026155931.jpg


理由は

イケメン日本人シェフがいるから。

そこでヘレン登場


ヘレン 「one イケメン please♪」

店員  「no イケメン lah」

ヘレン 「what?」

店員  「sorry, no イケメン」

ヘレン 「out of stock??」



2年前に一緒にシンガポールに来たヘレンの英語が上達していました。とても嬉しかったです。

テニス -ペア練-

第29回Singapore Japanese Ladies が来月行われます。

今回はサカナちゃんのお計らいで鮎原さんとペアで出場することになりました♪

そして今日は鮎原さんのクラブチームにお邪魔させてもらってのペア練。


鮎原さんのクラブには大御所Uさんという方がいらっしゃいます。

年齢は恐らく私より10歳くらい先輩でベテランさんです。

そのUさん、鮎原さんと私ペアのプレーを見て

「元気ないわよ~~~」

「声かけあって~~~」


実は鮎原さんと私が一緒に練習したのは今日で2回目。

お互いのことをよく知らないし遠慮もあります。ぎこちなさが溢れんばかりなのでしょう。

そしてUさんがとても応援して下さっているのを感じて

とっても嬉しい練習会だったのです。


試合は勝敗を決めに行くシビアなものですが

その過程で

色んな出会いがあり、出会いが出会いを生んで更に出会いを生んで

テニスができることがとっても嬉しいのです。


来週は鮎原さんと亮コーチの下、ペアレッスンをすることになりました。

嬉しい嬉しいシンガポールでのテニスです

JJ 修学旅行最終日

帰ってきました

末っ子JJがクレ校修学旅行から。

グリーンカードを紛失して


Johnny先生

Kocho先生

旅行業者の皆さん

御迷惑をおかけして

申し訳ありませんでした X 100回


はぁ。

JJよ、

どこまで

ママに似てるのよ

はぁ

JJ 修学旅行2日目

今夜も青と二人。

私 「チョンバルの33番麺と小龍包食べに行こうよ♪」← 私は昨日も食べた

青 「つかれた」

私 「チョンバルだよ?」


目を合わせない青が言いたいのは

「なんでもいいから作って」

はいはいわかりましたよぅ


JJ、修学旅行2日目。

JJは1分1秒が楽しくて仕方ない頃だね。夕飯は何だったんだろ。

大金持ってお土産も買いたい放題

いつも一緒にいたい友達と寝泊まりするんだもんね

思い出すよ、ママも。


だけどJJ,

あなたのいない家がこんなにシラケているのを知らないでしょ?

シラケ鳥って家の中を自由に飛び回るんだよ。知ってる?


さてと

仕方なく作ったクリームシチューを食べるとするか

.

テニス -亮コーチの個人レッスンー

サンワアカデミーで個人レッスンを始めて今日が2回目。

サンワの看板娘?受付嬢?のMさん、ブログに遊びに来てくださったようでありがとうございます♪

今日は久しぶりにお会いできて嬉しかったです


さて

久々に真面目なテニスネタで行きましょうかね。

いやー、亮コーチのレッスンは楽しいです。

今はストロークとボレーを見てもらっているのですが

迷宮入りしていた疑問難問の答えが解明されていきます。

亮コーチの説明を聞いていると頭の中の知識が音を立ててリンクしていきます。

そして同時に

自分の怠慢さが浮き彫りにされていきます。


ボレーを打つ際に私はボールを「切り過ぎ」ます。

必要以上の回転がかかってボールが浮いてしまうのです。

ボールが浮けば?はい、たたかれます→負けます。

この「切り過ぎ」を治すために練習に使った道具は

ベンチ 

お茶したんじゃなくて

ベンチに座ったままボレー練習をしたんです。

このお陰で今までのボレーの打ち方が間違っていたことがよーくわかったんです。



レッスンを受けているより

リハビリを受けているような感覚になります。

根本からの治療もあり今から大変です。

でも土台がしっかりしたテニスをしたいので

がんばります


内緒ですけどサンワアカデミーの個人レッスン、お勧めですよー




JJ 修学旅行初日

今朝6時20分

マレー鉄道タンジョンパーガ―駅にJJを連れて行きました。

なんでかって

マレーシアへ修学旅行があるためですのよ~

タクシーが続々到着し

母子が下りていく姿・・・

でも

JJのタクシーからはJJしか降りません

母は乗車したまま窓を開けて 「JJ~、いってらっさ~~~い♪」

友達を見つけて嬉しそうなJJは振り向きもせん。

そして

タクシーの運ちゃんにすかさず 「Back to TiongBahru!


夕飯時

パパは出張でいないし夕飯は青と二人♪

うっしっし♪どっか食べに行く?と言いながら

ソファで  


青 「お母さん、ご飯どーすんの?」

私 「は ぁ 。 な ん か つ く る よ ・ ・ ・ 


さすがの超早起きとテニスと昼間の食べ過ぎでバタンQ太郎。

JJがいないってことは

コリンの夕方の散歩をする人がいないというだけで

大した変りがないことが

よーく

わかったJJの修学旅行初日でした 

チョンバル駅

チョンバル駅の裏に引っ越してきて2カ月くらい経ったでしょうか。

朝はこの駅ビルを突っ切って

駅反対側のクレ校区のコンドまでJJを送り、コリンの散歩もやってしまう。

このチョンバル駅

夜な夜な宴会が開かれているのか

朝一はゴミの散乱がひどい。綺麗なシンガポールの汚点かも?チョンバル駅の朝は。


4PM、そんなチョンバル駅を突っ切ってJJとコリンと帰る途中

高校生のグループが立ち止った

コリンを触りたくて皆しゃがんだ

その子達は知的障害のある生徒さん達で

ニコニコしながら私を眺めたり(美しすぎて I know)

コリンを襲うように触ろうとしたり

リードを貸して~と言わんばかりだったりで

ちょっと不安だったあたくし。


でもコリンにとっては近寄ってきてくれる人は皆同じ

コリンがそうやって色んな人達を受け入れる姿は

実にいい。


チョンバル駅は賑やかで色んな人が出入りしていて

犬嫌いな人も当然いて

犬大好きな人も当然いて

色んな人達がいることを

リスペクトしながら

JJとコリンと一緒に

この駅を突っ切っている

東方神起 から 美川憲一まで

いや~、

青の受験の目処が立って一息。

今日は同好会テニスの練習を終え

オーチャードへダーッシュ!

どこへ行ったかって?

「東方神起ファンクラブ シンガポール支部」のランチへ。

第1回目のランチだったので初顔合わせの方達が半分いらっしゃいました。

でもでも

接点があるというのは凄いですね。即10年来の友達に変しーん!

色んな方達がおられてオタク級から「東方神起のユンチョ」と言う人まで。。。

話題は平気で反れて

韓流俳優から台湾アイドル、ジャニーズのことまで話しはつきず

城みちるに

あいざき進也も登場。

美川憲一が好きだったとか

美川憲一が男だった時代があったとか。

誰か

止めてくれ状態。


最後の最後に

ゴールデン・ハーフ・スペシャルが登場

「エバってもうおばぁさんでしょ?!」

メンバーにエバがいたことで

皆、

記憶の末端細胞が刺激されたのでした。


シンガポールのどこを探してもこんな会は見つからないでしょう・・・

さ、

そそられたそこのあなた、ぜひメールをください。

コラーゲンよりも効く若返りの会へようこそ♪

青の道 パパの心

要は

青の受験校を決めるに当たって

青の意見があり

パパの意見があり

おじいちゃんおばあちゃんの意見があり

私の意見があるんです。


今日は仙人と化し

PCにかじりつき検索検索。。。

「青の希望する高校に電話してみよう」

その高校は東京にあるから応援してあげることができずにいた

でも「道はあるかも」



青が帰宅し

「東京の高校、本気?」

「うん」

「じゃ、受けてみようか」


パパは娘を東京に送り出す心がまえができないでいる

落ち着かないのか何度も電話して来て

言った

「女子の高校ってよくわからないからさ・・・細かいことも分からないからさ・・・」

らしくないパパの小心な声

そして

パパが自分の器を大きく広げないといけない痛みに耐えているのがわかった

マイケルの時は平気だったのに

娘となると丸っきり違う

パパが自分の我儘と戦って応援体制に入ろうとしているのを感じて

涙がでた


そして気がついた

青の背中を押してあげながら

パパの背中を撫でてあげることで

青の漕ぎだす舟は

ゆっくり動きだすのだろうと


涙しながら踊るピエロ

ここんとこ

娘が自分の子だと思っていたのに竹から出てきたがくや姫だった!みたいなことから始まって

「まじかよー?」とショック状態で道を歩いていると

空から神様が落ちてきて私の肩を強打!

バキバキに痛くなった肩の治療に行ったら

ゴリラが「おんぶしてー♪」と肩にぶら下がってきた

イタタタ。



何もこんな時に。

目の前で犯罪を目撃してしまった。

通報をし、目撃をしてしまって傷ついた

許せなくて腹が立った


「今日ってテニスの試合だった。。。」

ボロ負け。


岐路につき

頭の上にポタポタと水が。。。

あ、

エアコンの水漏れ。とりあえずバケツを置き


電話が鳴り

「ちょっと聞いてくれる?」と1時間を超える長いお悩み相談

聞いてあげるだけでよかった

再度電話がなり

「今お話できる?」 更に1時間

考えてあげるのが辛かった。



夕飯作りたくない

でも作らなきゃ

「米がない・・・・・・・・・・・・・・・・・今から買いにいくのやだ・・・・・・・」




冷蔵庫内のありあわせで

チゲうどんを作ることに。

「あ・・・・・・・・・うどんがない」

代わりに素麺を入れて

不評。


電話が鳴った

「ピンチヒッターやれない?」

即答「やれない」



私は

涙しながら踊るピエロ

「気持ちわかってよぉ」と泣いています

楽しくてLTS

先週の金曜日はLTSの4戦目。

お相手のチームはドイツ人、台湾人、アメリカ人、香港系アメリカ人。

今回は私達がHOMEで仲間が用意して下さったリフレッシュがなんと

手巻きすし
        

それはそれは大喜びの国際色豊かなお相手チームの皆さん。

私 「写真撮ってキャプテンに報告するの?」

Amy 「違う違う。他のメンバーをJealousさせるためよ~ふふふ」

納豆あり~の

おそばには長いもやイクラも乗っかり~ので

リフレッシュ担当のみんな、ありがとう!

LTSはやっぱり楽しいな。

マッサージ、あああ失敗

今日は青がヘアカットが終わる間に

適当なお店に入って肩と背中のオイルマッサージをやってもらいました。

マッサージをやってくれたのは小柄なおねぇさん。

私の岩のように硬い肩こりを肘を使ってゴリゴリ。

痛いのなんのって。

私 「いた~い!SOFTにして~」

おねぇさん 「ふふ~ん♪」

そう

何を言っても

「ふふ~ん♪」

ふふ~ん♪ふふ~ん♪ふふ~ん♪

そうこうしているうちに

岩のようなコリが柔らかくなっていくんですね。

でも痛い。

こりゃ、揉み返しは避けられないなぁと思いながら

でも

おねぇさんのプロ魂を信じてあげたい


でも今

アイスノンで肩を冷やしてます

やっぱり

適当なお店に入るのは危険かも

明日の朝

どうか普通に

起き上がれますよーに

シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索