FC2ブログ

ローカルのコーヒー豆

本年度の学級委員としての仕事が終わった。肩の荷が下りたと同時に近所をブラブラしたくなる。

綺麗な袋つめされたお菓子のお店にヘレンが何かをつけたようだ。


20090227732_convert_20090227215750.jpg コーヒー豆!

ヘレン 「珍しくない?」

私   「ホントホント。ちょっと見せてもらおうか」

これらのコーヒー豆はインドネシア産とマレーシアさんのものだった。インドネシア産のはよく見かける茶色い豆。しかし、マレーシア産は黒光りしていてドン引く。

私  「おばちゃん、匂い嗅いでもいい?」

おばちゃんは快く豆をすくってくれて匂いをかがせてくれた。黒光りのマレーシア産は「焦げてる?」と思うほどに強烈。アイスコーヒー用?そしてインドネシア産のは香りがない。微妙な気持ちになりながら豆を良く見るとインドネシアさんとマレーシアさんのブレンドがある。そしてこれを100gだけ買ってみた。値段はたったの1ドル10セント。又、未知の世界に入り込めて嬉しくなる。こんなに安いコーヒー豆なのだからホーカーの甘いコーヒーの原料なのでしょう。

ヘレン 「シャー、後ろ見て」

20090227733_convert_20090227215859.jpg 何の受け狙いか使い捨ての手袋を膨らますお兄ちゃん

そして優しいおばちゃん

20090227734_convert_20090227215659.jpg 恥ずかしいじゃないのさー!写真撮られたら魂を抜かるのかい?

私は言わずと全然知られていないスタバファン。コーヒー豆はここのメキシコ産が一番好き。そりゃスタバのコーヒーが旨いけど、こんなあどけないお兄ちゃんと優しいおばちゃんが売っているコーヒー豆には別の美味しさがあるに違いない。

今日も幸せ気分をありがとう



スポンサーサイト



テニス -レッスン-

先月から新しいコーチの指導を受けている。そのコーチの名はキャサリン。遠くから見たら欧米人?

近くからみたら関西のおばちゃん?中途半端な距離から見たらモデル?

土曜日は「ロブの追いかけ方」を教えていただいた。ロブの落ちる場所を予測して一目散に走る。

ボールを見ながら追いかけては駄目なのだ。こういうレッスンはアズマンはやったことない。

キャサリンはお金をとらない。無料レッスンをしてくださる。だからといって甘んじてはいけない。

キャサリンのレッスンを無駄にしないためにも

今日は別のレッスン。

今日のコーチは寡黙。ひたすら球出し。なーんにも言わない。

「これでいいのかな?」

「こんな感じでいいのかな?」

そう自問自答しながらでないと寡黙なコーチに言葉を期待しても無駄なこと。

要は

自分で色んな場面で色んな方に教えてもらったことを思い出しながら

考えながらのレッスン。

寡黙なそのコーチの名は



「壁は色んなことを教えてくれる」と先人はおっしゃる。

しかも無料。

隣でレッスンを終えたまたまた別なコーチが

「HEY シャー!今からレッスン?それとも練習?」

私 「もうレッスンにかけるお金ないから一人練習!」

あああ、本当のことを言っちゃった... 


子供3人育てているし自分にかけるお金は最小限にしたい

でもテニスは上達したい

だから

今はしっかりとキャサリンコーチのご指導を受けて

壁君に協力してもらおう




参加賞

ローカルの大会

今日は出番だった。

暑かった

苦しかった

レベルが違った。

そして


 これもらった

インド雑貨店のおじいちゃん

頼まれたパパイヤ石鹸を買いに行ってきました。 そのお店は小さいのでパパイヤ石鹸の在庫はこれで全部。全部買い占めてきたわけ。

おじいちゃん 「安くしてあげるね」

私       「ふふふ♪ありがとう」


美白効果のあるパパイヤ石鹸に私もはまってしまったけど友人もはまってしまったらしい。今回は10個買って来てと頼まれたけどブランドはバラバラ、ごめんね。






おじいちゃん 「この石鹸売ってるの?」

私       「売ってないよ。これは妊婦のお友達の代わりに買いに来ただけよ」

おじいちゃん 「今度まとめて10個買ったら1個あげるよ」

私       「ありがとう」 


おじいちゃん、すでに値引きしてくれているので更に1個くれるの?嬉しいけど、もうけはあるの?

そんなことを思いながらお会計をした。

でも

おじいちゃん、品物が多くなると計算が難しくなってしまうらしい。最近ずっとおじいちゃんの代わりに計算してあげるんだけどおじいちゃん、いくらでもいいみたい。

私はおじいちゃんが値引いてくれた値段でちゃんと目の前で筆算して合計金額を言うと

おじいちゃん 「うん、そうだな」

って ほんとかーい!?


おじいちゃん 「今度から箱で買ったら1個サービスするね」

って 10個以上、在庫おいてくれるのかーい!?


このおじいちゃん、本当に本当に本当に可愛いくて、行くと喜んでくれて

国籍や年齢性別を超えての

人との関わりの中の小さな幸せを教えてくれます(天然に)。

だんだん -よしこさん!-

NHK連続小説 「だんだん」 を見てますか? 私は土曜日は予告付きなのでどんなに眠くても早起きしてテレビをつけます。 そしたらヘレンから朝メールがあってヘレンも同じことをしていることが発覚。
そう、よし子さん!早まったらいかん!ただしさんが追いかけて来てくれたからもう大丈夫だろうけど予告が意味深過ぎてぶっ倒れそうだわ。気になります。

「だんだん」の影響で我が家の食卓に「シジミ」がのぼるようになりました。真珠湖でただしさんが漁をしたものではないし、小粒だけど、ビタミン、鉄分、カルシウムー♪ 健康一番、シジミ汁ー♪

20090214721_convert_20090214213136.jpg

よし子さん、さぁ、私の作ったシジミ汁を食べてごしない!おちつくけん!

テニス -ローカルの大会始まる-

LTS Spring Season 2009 が始まりました。今日のスタメンのがんばいっぷりを撮影してみましたよー♪
緑が多いコンドミニアムなのでシンガポールの雰囲気出ていると思いませんか?




選手達が必死に頑張っている中

20090213717_convert_20090213195514.jpg

応援に駆けつけたキャサリンとべーさんもパチリ。写真が横に伸びてて誰だか全然わかりませんねハハハ。

8人の仲間と戦う団体戦は5チームの総当たり戦。来週は私の出番です!

テニス ー壁打ちー

昨日の送別会のアルコールを出すべく朝一番レッスンへ。

ここ1ヶ月ずっとバックハンドボレーの集中レッスン。なんと片手バックハンドを試みている。

今日はコーチに、人のいない隣のコートへ連れていかれた

コ、コ、コーチ!何をなさるの? あたくし、夫のいる身…


コーチ 「この壁を使って練習するといいんだ。レッスンのない日はこうやって練習するといい」


コーチは軽くフォアストロークを壁に向かって打ち、それを片手バックハンドストロークで返した。


コーチ 「感覚をつかむまで続けて」


やってみると面白い

レッスン後、言われたとおりに壁打ち練習をやった。30分くらいやって思った

これ、好みの自主練習!これなら毎日できる!


中学生の頃、私は小学校からやっていたバレーが楽しくて家の横の壁を利用して日が暮れるまで

フローターサーブを毎日練習したものだ。あの頃を思い出し 「三つ子の魂100まで」とよく言ったものだ

と思ったりして。

壁打ち練習ってバカにならないらしい。壁うちだけでコーチレベルになった人もいるらしいし。

ふと、行き詰まりを感じていたテニスが又楽しくなったのを感じた。

さよならの味

4家族が帰国や転勤でこのコンドミニアムから去ります。よって今日はポトラックのお別れ会。持ち寄られた一品一品は心が込められ、どのレストランの料理よりも美味しかったかもしれません。



その中のイチオシ

20090211712_convert_20090211223951.jpg ぎんなんの串刺し3兄弟

このぎんなんは既に茹で上がったものが真空パックで売られていてそれを素揚げしただけ♪、と作者。お見事です。それにこの旗… 不況でどんよりした日本を応援しているかのようです!簡単さ100点、癒し度100点、味100点!

さてさて

ヘレンはどこ行った?

20090211714_convert_20090211224102.jpg いたいた

ヘレン、何してるのぉ?

ヘレン 「デザートつくってるのぉ♪」

適当に作ったと言った割りには美味しかった「さっぱりチャイナデザートへレン風」

炭酸を入れ終わってそのままの体勢で寝てしまったヘレン。

ヘレンおばぁちゃん、炭酸はもう入りましたよー まだ活動の時間だから寝たら駄目ですよー



海外での出会いって
奇跡に近い確立で起きるらしい
だから心通える人に出会えたら
それはまさに奇跡
なのかもしれない

授業参観&懇談会

JJは5年生。今年度最後の授業参観と懇談会が昨日ありました。授業参観は「自分のいいところ」をテーマにいいところ探し。「自分を知る」という人生においてとても有意義な授業でした。最後に前もって用意していた親からの手紙を子供達はもらい、それぞれが机で黙読しました。感動のファイナルです。

先生 「読めない漢字はありますかー?」

1人の男の子が手をあげてみんなの笑いを誘いました。そしたらJJが手をあげました。

先生 「なんですか、JJさん」

JJ  「意味がわかりませーん」

ぶっ 


そんな授業が行われていた黒板にある詩が書かれていました。


みんなほんもの」 相田みつを

トマトがねえ

トマトのままでいれば

ほんものなんだよ

トマトをメロンに

見せようとするから

にせものになるんだよ

みんなそれぞれに

ほんものなのに

骨を折って

にせものに

なりたがる


テニス -全豪に学ぶ-

全豪OPENが男子シングルス決勝戦で幕を閉じましたね。ナダルVSフェデラー戦は4時間半の接戦となりナダルの優勝。表彰台でフェデラーは準優勝挨拶前に感極まって泣いてしまいました。

私 「あああ、フェデラー泣いちゃった… 」

旦那 「え?なんでなんで?」

私 「色んな思いがあるんじゃない?」

旦那 「へぇー」

(私たち夫婦の脳の働き方がまったく違うのがよくわかる会話です。)

でも 「最後の挨拶は僕がするには行かないから」と言って挨拶をがんばったフェデラー。そしてナダルの挨拶の番が来たらナダルはフェデラーに「ごめんね」と言いハグしました。

世界中 (うちの旦那以外)が涙したのではないかと思います。勝敗は残酷だという現実を皆が受け止めないといけない瞬間だったようにも思いました。

ナダルは準決勝で同郷のバルサミコじゃなくてバルダスコと壮絶な試合をして勝ちましたが、勝った後すぐにネットをまたいでバルダスコの元に行きハグしました。ナダルの優しさ、せつなさが心に残る全豪OPENでした。

我々主婦の大会でも勝つペアの陰で泣くペアがいます。しかし、勝っても喜べなかったり、負けても満足感があったりする試合もあります。フェデラーは試合後のコメントで自分に勝てなかったことへの悔しさを語ったようです。

やはりテニスも「自分に勝っていく」過程が楽しいし、試合でそれを証明する醍醐味があります。そしてフェデラーが教えてくれています 「敵は自分」なんだと。

明日もレッスン。果てしなく自分との戦いは続きます。がんばろっと!

たばこは旨い

通販でわざわざ日本から取り寄せれた駄菓子たちです。取り寄せたのは子供達思いのS。なんと我が家にも持ってきてくれましたよ♪


しかし、この駄菓子たちがS宅に届くまでにある事件が!

容疑者は

20090202709_convert_20090202172458.jpg こいつ

国の機関で配達物の中身を調べられ「たばこが入っているじゃないか」ってことになり呼び出しを受けたS。
ここシンガポールは海外からのたばこの持ち込みは禁止。まさに法律違反?!逮捕?ムチ打ち?

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

そこで

Sは係員にこのたばこを食べて見せて危うく難を逃れたそうです。

いつもは早いSがテニスの練習になかなか来ない朝の出来事でした。

S 「もうたばこは買わへん!」 



シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索