FC2ブログ

青のこと

青は赤ちゃんの頃、泣かない子でとても楽な育児をさせてもらった。

そうしたら幼稚園、小学校は話をしない子に育った。

話をしない青はひとの話にも興味を持たず、ボーっととしていることが多かった。

そんな青はクラスでも目立たない子で自分に自信の持てない中学生になった。

でも神様はそんな青に

小さな小さなな種を植えてくれていて、その種は小さく小さく光っていて

注意しなければ気がつきません。

青のその小さな小さな光に気がついてくださった先生方がいらっしゃる。

平佐西小の山本先生、台北日本人学校の桐ヶ窪先生、5年担任の田中先生

そして今の中学の中丸先生、菅原先生にKim先生。

青の口からよく出てくる名前の先生方なので青に言った

この先生達のことを恩師って言うんだよ

青 「どういう字?」

私 「恩のある教師。青を応援して下さってる先生達。もし青が将来有名になったら喜んでくださる先生達♪」

青 「ぷっ、ははは」


恩師の皆さんへ
 青は2学期の写生大会でいい絵を描きました。構図が安定していて陰影がはっきりしていて優しさと少しの自信と安定感のある絵でした。バスケ部を辞めて美術部で楽しそうにしています。美術部の先生方のことが大好きなんだそうです。いい顔で今日はKim先生のことを話してくれました。



スポンサーサイト



インド石鹸

20081127489.jpg
1日に何度もシャワーを浴びるので石鹸の減りが早い我が家です。

今日は久々にインド石鹸(1個1ドル程度)を買いに行きました。いつものおじいちゃんに代わって商売上手な奥様らしき人が対応してくださいました。写真の石鹸は5種類買った中の一つ。

おばちゃん 「これはサンダルが入ったいるのよ

私      「体にどういいの?」

おばちゃん 「肌にいいのよ

そうよね、石鹸だもんね。

4種類+頼まれたパパイヤ石鹸3個を購入。

話によると

インド人は毎日お風呂に入る習慣がないから毛穴の汚れを一発で洗い流してくれる強靭な石鹸を使うのよ 

ちなみに私はこの石鹸で顔も洗っています

気になる商品 -明治屋ー

今日は中2の茶話会があってその後ZENでランチの日でした。シンガポール日本人中学校では先生を囲んで?お菓子とお茶を頂きながら親睦を図る学校行事があり、それを「茶話会」と呼んでいます。先生は子供達の様子をスライドで見せてくださり、来年1月にある修学旅行の質問を受けてくださってグループディスカッションにちょっと顔を出されてチャイムと共にとっとと消え去りました。

私のグループは「土日の子供達の行動範囲はどのくらい?」とか「PC使用の規制をどのようにしてる?」とか「寝る時間は?」などを打ち明け、お互いに今後の参考にさせてもらいました。学校で「仮面をかぶった母親の顔」をするとドーーーーっと疲れます。にゃはは


学校からZENに移動をして安くて美味しい和食ランチをワイワイ楽しんだ後は徒歩で明治屋へ。

20081126487.jpg トランス脂肪酸のために何かと不評なマーガリンですが「焦がしバター風味マーガリン」が美味しそうで買ってみました。帰宅してすぐ食パンを焼いて食べてみたのですが、おいしーーーです。本当に香ばしいんです。明日の朝食からパン復活の兆しです♪




負けないこと

ずっとずっと考えていた。

主婦テニスの世界で「勝つ」ことはなんなんだろうと。

技術や戦術の書を読みあさったり、上級者達の言動やプレーを注意深く観察し自分なりに分析してき

た。

そして色んな経験や失敗が折り重なって、ナイスなタイミングで飛び込んできた言葉があった

それは

「勝とうとするのではなくて負けないようにするプレーをする

ことが大事」。

負けまい!と思えば、「辛抱強く繋ぐ」こと「辛抱強くチャンスを待つ」こと「サーブをダブらない」ことの

大切さが明確になる。

同時にSJLトーナメントで負けた理由も明確になってすっきりした。


さて、11時40分からレッスン。次の試合を意識して念入りにがんばってきまっす!

West Coast Plaza の日本

20081124467.jpgようやくOPENした近所のWest Coast Plaza(旧ギンザプラザ)

今日はヘレンとチっ子とヌッシーと4人で突撃レポートですよー!

20081124477.jpgやってきたのはSUSHI TEI 回転寿司の他に麺類,ご飯類もあります。


20081124471.jpg
これは天丼マン$9。ヌッシーは初来店で思いっきりお寿司を無視。よって「たれが甘すぎ」という天罰くだる。

20081124475.jpg 鉄火丼$8
ヘレン 「 …… マグロがきゅうりより薄いぞー」 

20081124476.jpgチラシ丼$9
みんな 「 …… $9だもんね…」

あとチっ子の頼んだ「焼き鳥丼$9」はまぁまぁだったみたい。画像が入らず申し訳ない!

しこたま喋って笑って「さ、次行くぞ!」ということで行ったのは「Japanese Sweets & Coffee」

20081124480.jpgShiratama Zenzai $4.8
チっ子 「うわっ。この量はきついかも

20081124483.jpgSesami Imo $6.8 薩摩芋(本物!)のてんぷら?とゴマソースのかかったソフトクリーム。ゴマソースは「ゴマの風味」って感じ。ぷぷ

20081124481.jpg Shiraan 白あんみつ$4.2 値段のわりには大満足の量。本日の当たり。

ヌッシーはここでも日本文化を無視してコーヒーを注文。(画像がアップできなくて


店員が 「いかがですか?今後の為にも意見を聞かせてください!」とやってきた。

私 「正直な意見でいいの?」

店員 「ははは。ぜひ!でもあまり怖がらせないでください」

私 「あと10分頂戴」

と言って私たちはあーでもないこーでもないと言いながら甘いひと時を楽しんだ。

結局お店が少し込んできたので意見しないままお店を去ったが。

このお店、日本食材の価値観のずれのせいか

なんでこれがこの値段で、これがこの値段なんだろう?と不思議満載。


次回はNewYorkNewYorkを取材したいと思います♪





TODAY

                     20081122466.jpg

あああ、今日という記念すべき日に魚ちゃんがプレゼントしてくれたよ。

牛のチョコ。の。

私たちにしかわからないジョークがあちこちに入ってて笑ったよ。カードは「天使」だし。

さすがの関西魂に一本やられた... ありがとう!



JJ 「あっチョコ!1個ちょーだい♪」

私 「だめ。ママの誕生日忘れてたから駄目」

JJ 「覚えてたんだけどね しどろもどろ 準備してたんだ

   けどね しどろもどろ


お陰様、オカゲサマ、御陰様で

44年前の11月22日に生まれてきたこと、本当によかった。そう思える毎日を送っている

子供達の日本語

昨日だったかな、友人のチっ子と「子供の日本語が変!」という話しをした。

「トイレがしたい!トイレがしたい!トイレがしたーーーーーい!」

って気持ちよくわかります、はい。可愛いので許す。

「母へ お母さんお元気ですか?」

高校生にもなってこれかよ?バカ丸出し過ぎて許せん。

そこで

友人のインターに通う高校生の息子、

「母さん、天然パーマかけたいんだけど」

路線はずれて欽ドン賞決定?

コリンも元気

我が家にやって来て1年が経ったコリンちゃんです。腹痛で病院に行ったついでに「肥満ですね」と言われて只今ダイエット中です。ドッグフードを20%カット。
携帯を構えて「コリーン♪」と呼んだら何かをくわえてポーズとってくれました。

 ←無残

平日、テニスで7時間あまりお留守番させることも慣れました。レッスンの日だと数時間で帰ってくるので「もう帰ってきたんでしゅか?」という顔で出迎えてくれます。大人になったコリンちゃんです。


20081120463.jpg ←くわえて来たものの原型はこれ。 Kさんからの頂き物です。美味しくガジガジさせてもらってますよー

上手いプレーヤーは

ミスが少なくチャンスは絶対にものにする



明日のフレンドリー戦は相手がグレードA... ボールは早いし重たい。

 

今日はOFF日なのでずっと考えていました

繋げる時は謙虚に

攻撃する時は確信を持って

危機の時は安全に


せめて

あああ、せめて

これらのことがごちゃごちゃになりませんように... 

立ち位置のこと

一般的に人間は、自らの意志で行動を起こす場合、何らかの理由を持たねばなりません。そうしないと、心と体がバラバラになってしまうからです

この心理の法則は今がんばっているテニスにも匹敵する。昨日のクラブチームの練習で大先輩の奥様に立ち位置のことを注意された。私は「すみません、最近平行陣を覚えるようになったのですが、まだ細かい立ち位置がわかっていないんです」と伝えた。大先輩は「そうかなと思ったわ」と言われた。

ペアの状況と心情もわからないと正しい立ち位置はいつまでもわからないと思った。極端に心と体がバラバラになる前に「なぜこの立ち位置なのか」を学んでいかないといけない。

きっと

「なぜ」が一つずつ解明していけばテニスは軌道に乗って今より何倍も楽しくなるはず。だからこそ「なぜ」がわからない今は苦しい。

明日のクラブチームの交流試合で「なぜ」がわかっていらっしゃる先輩とペアでスタメンに出るのは正直言って苦しい。

マイケルの近況

昨日マイケルから電話があった。やたらと声に力があって元気なのが気になって聞いた

「元気そうじゃん?もしかして彼女できた?」

そしたら

「他校の子からつきあいたいって言われた」

「へぇ、その子とどうやって知り合ったの?」

「『麻薬は良くない』って講習会で。で、メルアド教えてもらってメールしたら

通信不能でそのまま終わった」

「そっか」


以上、マイケルのトホホな近況でした

負け試合のその後

平行陣を覚えるようになって前に詰めるのはいいけど

私は走りながらボレーを返していた。そして今日はレッスンでそれを指摘された。アズマンというコーチ

はタイミングを見計らってその時に必要なレッスンを合理的に行ってくれる。試合はそれまでやってき

たことの結果なので何が足りないのか、何が余計なのか、はっきりぱっきりと教えてもらわないといけ

ない。耳に痛いことを言われるのは心臓に針を刺されるような思いをするけれど。

相手が打つときはこちらも軽く止まるのを英語でPAUSEと言う。DVDやビデオなどの機械でよく見る

文字だ。 一旦停止は丸っきり止まるのではなく一旦軽く停止することだ。そして相手が打ち返してく

るボールを見極める。この練習をしたときに初めて自分のラケットの面が目に入った。↑を向いてい

た。

「そうか...」

知識の上でわかっているつもりでも実践できないことはたくさんある。これは何もテニスに

限ったことではないが。

負け試合後は反省をして謙虚になっているからスポンジのようにどんな指摘も吸収できる。それと同

時に自分に限界があるなんてことは考えもしない。


青が帰宅して「お母さん、ちょっと相談に乗ってほしいことがあるんだけど」と言った。話を聞いてあげ

て「自分の心に聞いてみて一番どうしたい?この方が自分は幸せと思うのはどっち?」と

聞き返した。そしたら「わかった。もう少し考えてみる」とのこと。



青へ

お母さんはテニスを続けていくことが自分の幸せとわかったからこのままがんばることにしたよ。

自分をビデオ撮影

超久々にレッスンに登場させましたよ、ビデオカメラ。

バックハンドとトスアップが特に下手糞なのでコートの片隅にビデオカメラを設置して今朝はレッスンを

受けました。ボールが当たってカメラを壊したくないから持っていったのは「JJのハチマキ」。JJがソーランで使った奴。作った奴。それでカメラを柱に固定。

はてさて、フォームやいかに?帰宅してお蝶夫人を期待して自分をみたら 「うわっ、走るのおっそっ」「うわっ、これがバックハンド...」「うわっ、これがトス...」

がっくーし

あれですね

ボールを打つ前のワンクッションが足りないのです。慌てている自分がよーくわかりました。足遅いのに打ち急ぐプレーの達人ですわ、あたくし。要改善。

ぼてじゅう -リャンコート情報-

土曜日はシンガポール日本人小学校クレメンティ校で「クレっ子コンサートがありました。5年生のJJ達は「一日一歩の未来」を合唱、「風になりたい」を合奏。5年生はとても元気が良く聴き応えのあるコンサートでした。
よって今日のクレ校は振り替え休日。JJとクラブチームのお友達と3人でオーチャードへ行ってきました。どこもかしこもクリスマスの飾りで「冬」を感じました。でもいつもと変わらず汗をかいている私。

帰りはリャンコートへ!改装中でガラーンとしていた状態しか知らなかったのですが、あんなにお店が入ってクリスマス飾りでいっぱいだと素敵です。「ぼてじゅう」が入ったとヘレンから聞いてさっそく「豚お好み焼き」にチャレンジ。

20081117451.jpg

うーむむ、ふわっと感がなかったのが残念でした。次回はやきそばにチャレンジしてみます。

リャンコート新情報は最寄りのヘレンまで



ぬか床のその後

9月15日の敬老の日に始めたぬか床は順調に育っています
                                         20081101440.jpg

ぬか床の中に入れたものは
昆布、鷹の爪、焼いた鰯の頭、ビール、卵の殻です。そして鉄の塊は入れっぱなし。                                   20081101442.jpg

冷蔵庫の野菜室に入れたり出したりして痛まないように気をつけていますが陶器だとぬか床の温度がゆっくり上下するために扱いやすいです。常夏のシンガポールでうっかり出しっぱなしにしていても大丈夫。

                                        20081101448.jpg
最近のお気に入りは紹興酒。氷砂糖を入れて電子レンジでチン!あとはかき混ぜながら氷砂糖を溶かしながら飲むのがお気に入りです。ちなみに写真の紹興酒は台湾産。ぬかづけと最高 

台湾に住んでいた頃にジップロックに入れて冷蔵庫でぬか床を作ったことがあるのですが味に飽きてサヨナラしたことがありました。ぬかと塩だけだったので味に飽きが来たのでしょう。ぬか床は栄養価の高いグルメ君として生きているので美味しいものを食べさせてあげないと味が弱ります。我が家のは今度はよく焼いた煮干を入れてあげようかな。

ところで、ぬか床の情報交換できる友達募集中!

ヘレン♪ちがうちがう。プレッシャーかけてないかけてない


SJL終わる

第27回SJLトーナメントが昨日の3日目を最後に無事おわりました。

私は今回で2回目の出場。魚ちゃんとペアでBグレード2回戦敗退しました。

1回戦は前回大会で負けた相手に8-4で逆転勝ち。2回戦は優勝候補と言われたペアに5-8で負けました。敗因は気力負けでした。魚ちゃんに申し訳なかったです。

反省事項はいっぱいいっぱいあります。

でも

前回の大会よりずっといいプレーができたと思います。前回より良ければそれでいいです。

負けても最終日にAグレードの決勝戦を観戦できる特権?が出てきます♪前回の大会と同じメンバーの決勝戦でしたがレベルが高く見ほれてしまいます。「辛抱して繋げてチャンスを待つ」ことを見せられました。


今回はラッキードローでSHARPのDVDプレーヤーが当たって恒例の「負けボール」を持って帰ってきました。

しかし今回これだけではありません。

知り合いが増えテニス友達が増えました。そして仲間との絆も深まりました。

次のSJLは来年の6月です。今回の大会で又新しい課題を見つけたのでそれに焦点を当てて約半年間、レッスンに練習にがんばります。応援に駆けつけてくれたお友達とコーチ、そして励ましあいながらこの節目までやってきた仲間たちに感謝です。この場を借りてお礼を言います。アリガトウ 


筋力トレーニング

今日は文化の日で娘達の学校はお休みです。

あれから暇を見ては筋トレと素振りに励んでいます。

素振りだけでも物凄く腹筋背筋を使うことを実感できます。


テニスって腕を振ればボールが飛んでいくのでついついさぼるがちになりますが、

そのボールを正しく打つために筋力が必要です。そして素振りをすればどこの筋肉を使っているのかがわかります。

台北にRichardというコーチがいて足の筋力を鍛えることを強く言っていました。そして反復横跳びなどをやって見せてくれたりしました。その頃の私はボールに追いつくのがやっと。息切れもひどく「これ以上のトレーニングは無理っしょ」と硬く信じていました。
しかしおばさんになっても一定の筋肉が育つと次のステップへいけるのです。まさに「継続は力なり」。細々を続けてきた筋トレのお陰で体の軸のぶれが安定してきます。コーチに対して「おばさんをわかってないよ、この若造!」と思ったものですが、おばさん生徒だからと言って決して妥協をしなかったRichardに今更ながら感謝します。間もなく44歳になる筋肉は育っていますよ♪芽

さぁ、試合まで残り1週間です。今日は第3コートが使えそうなのでサーブ練します!



今更ジロー素振りの練習

どこのテニス部でも見かける素振りの練習。真面目にやっている子がいたり、面倒くさそうにやっている子がいたりする。

私は一週間の中で火・水・木・金はレッスンだったり練習の予定が入っている。よって土・日・月に何もしないツケが火曜のレッスンにやってくる。コーチに

なんだそのストロークは」と言われて

土曜日からラケット握ってないので」と言い訳をし

これが毎週恒例の会話になってしまった。


それを反省して今日から素振りの練習を開始。

決して広くは無いLDで家具を避けながらの素振り。

ソファの背中部分を壁に見立ててスピンストロークの素振り。

自然と「1・2・3っ!」と声が出てじんわり汗をかく。腹筋を意識する。体重移動を意識する。

「素振りって大事なんだなぁ」


おばさんになってから始めたテニスだから基本的な練習を知らない。知識はあっても体が知らない。だからあえてここは中学のテニス部の光景を思い出しながら素振りをやるのだ。

とにかく

数日空いたからといってストロークが打てなくなるのは好くない!kao07

今夜お風呂入る前にもやろっと。

でも家族からブーイングありそうだ。えーいっ!ママは試合前なんじゃーっ!どけどけーぃ!

Halloweenの話し

「シンガポールではハロウィンスホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、はあるの?」

確か去年、台湾からこちらに来たときに誰かに聞いた。

「去年はお菓子もらいに誰もこなかったよ」と聞いて私も何も用意しなかったけど

確かに誰一人玄関ドアをノックして来る子はいなかった。


アメリカに住んでいた頃はハロウィンのために子供達の仮装道具やお菓子の準備がたのしかった。玄関を不気味に飾ったり近所の飾りを見に行ったりしたものだ。旦那の顔に黒と白のペンキを塗ってむりやりホルスタインにして近所の笑いものにしたてあげたこともある。

ハロウィンがお盛んなアメリカでも年々お菓子をもらいに歩く子供達は減少していた。少子化の影響もあるのか危険な世の中になったこともあって「明るいうちに近所を数件回って終わりにする」家族が増えたのかもしれない。
又、子供の健康を考えて甘いお菓子の山を避けたい親の心理もあるのだろう。私が子供の頃はTreatの中にフルーツもあった。でも帰宅したら母がフルーツとむき出しになっているお菓子だけは捨てた。30-40年前でも親には「危険」という文字は頭にあったようだ。私は捨てられたフルーツを見ながら、そのフルーツをくれた優しそうなおばあさんの顔を思い出して心を痛めたのを思い出す。しかしそこには母の子供を守りたい愛があったことを子供ながらにわかっていた。

その頃もそうであったが、貧しい層の子供たちがわざわざ遠くからやってくるのだ。私は子供の頃も駐在していた頃も特別裕福なエリアに住んでいたわけではないのだが、メキシカン系の子供達が仮装もせず買い物袋を持って大きなトラックからゾロゾロ降りて走ってくる。自分たちの近所を回りきったら、よりよいお菓子を求めてやって来るのだ。ここまでくるとさっきまでの雰囲気が一変する。

夕べ

ピンポーン♪まさかとと思ったけど覗き穴から裕福なシンがポーリアンキッズがお菓子をもらいに来てるじゃないですか!
お菓子の準備をしていなかったのでJJに「どうしょう!お菓子ないよ」とヒソヒソと言いながらドアを開けないまま戸棚をチェックしにいった。JJが

「このかきピーでいいじゃん」

「えええー?LOVE

揉めているうちに玄関先の人の気配は消えた。

「私のかきピー、セーフ♪」と思いながらやって来た子達が仮装をしていなかったことに気がついた。このコンドミニアムに住む裕福なシンガポールアンキッズとアメリカの貧しい層の子供達が重なった。


シャー

Author:シャー
<登場人物>
旦那 シンガポール単身赴任中
長男 24歳 フリーター
長女 22歳 大学4年生
次女 19歳 大学1年生 
コリン(ちわわ)9歳

私  昭和の帰国子女51歳。英会話スクールのホームインストラクター。雑居ビルの激狭1Rで開講中。初の事業主人生。

いらっしゃいませ

名言


presented by 地球の名言

お便り

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索